Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

ルヴァンスレーヴ  社台スタリオンステーションにスタッドイン

2020-09-18 23:00:01 | 一口馬主
トップガン厩舎の元愛馬、ルヴァンスレーヴが社台SS
にスタッドインしました。

TOPの写真の仔がルヴァンスレーヴ
(写真は、uma-furusato.comさんから拝借しました)
父:シンボリクリスエス
母:マエストラーレ(母父:ネオユニヴァース)
鹿毛の5歳牡馬です。

以下は「競走馬のふるさと案内所」さんの『馬産地ニュース』の
記事を引用しました。(備忘録として記事にしました)

****************************************

9月16日午後2時頃、安平町早来源武にある社台スタリオンステーションに、
来年から種牡馬として供用を開始するルヴァンスレーヴがスタッドインした。

牡5歳鹿毛のルヴァンスレーヴは、父がシンボリクリスエス、母がマエストラーレ、
母の父がネオユニヴァースという血統の白老町社台にある社台コーポレーション
白老ファームの生産馬。母系はファンシミンに遡り、菊花賞馬ソングオブウインド、
桜花賞馬ラインクラフトのほか、チュウワウィザード、アドマイヤマックス、
ダイナフェアリー、ローゼンカバリー、ホクトスルタン、ダイナシュート、
ダイナマイン、トウケイヘイロー、アドマイヤロイヤル、サマーサスピション、
ドリームシグナル、イブキラジョウモン、タヤスメドウ、マルカフリート、
アークヴィグラス、アイアンテーラー、ブロードマインドなど数多くの
重賞勝ち馬がいる。

ルヴァンスレーヴの競走成績は10戦7勝2着1回。現役時代は(株)G1レーシング
の所有馬、美浦の萩原清厩舎の管理馬として2017年8月にデビュー。
デビュー戦の2歳新馬戦を勝利で飾ると、プラタナス賞、全日本2歳優駿(Jpn1)
と3連勝で重賞初制覇を成し遂げた。3歳になりユニコーンS(G3)に優勝。
続くジャパンダートダービー(Jpn1)も勝ち3歳春のダートチャンピオンに輝くと、
マイルChS南部杯(Jpn1)ではゴールドドリームら古馬の強豪を一蹴。さらに
チャンピオンズC(G1)で重賞4連勝を達成し、JRA賞最優秀ダートホース、
NARグランプリダートグレード競走特別賞馬を受賞した。

スタッドインに立ち会った吉田正志(株)G1レーシング代表取締役は
「見ての通り、素晴らしい馬格もありますし、関節の柔軟性もある馬で、何よりも
心肺能力がすごい高い馬です。そういう部分を産駒に引き継いでもらって、
お父さんは思ったよりも早く、ここに来てしまったので、日本のみならず、
世界のレースでも通用するような産駒を出してもらいたいですね」と期待した。

****************************************
コメント   この記事についてブログを書く
« 今週の出走 | トップ | 2020年 キャロットクラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事