Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

今年の総括(映画編)

2010-12-30 21:55:00 | 映画
今年も、たくさんの映画を観ました。

映画館で観た以外にもDVDやTVで観たので、
相当な数になると思いますが、今年も恒例の企画
として、今年映画館で観た映画の総括をしたいと
思います。

今年は、妻と私のベスト3を発表する形式で
1年を振り返ります。

まずは妻のベスト3から

3位『バイオハザードIV アフターライフ』
ゲーム&映画でおなじみのシリーズ第4弾。
今回も主演のミラ・ジョヴォヴィッチの派手なアクション
が観られました。
この人は、このシリーズに出ている時が1番カッコ
良いので、是非続けてほしいのですが、第5弾には
出演しないみたいで、かなり残念な感じです・・・。
(まだ分かりませんが)
ストーリは、単純ですが日頃のストレス発散には
最高の映画でした。

妻は、最近、第1弾から見直しをしています



2位『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
2位は、ヤマト。
妻は、去年のアニメの『復活篇』を観て以来、すっかり
ヤマトファンになりました(苦笑)
昨日、観て来た『トロン』に比べるとCGや特撮のレベルは
かなり落ちるかもしれませんが、そんなことは関係なく、
ヤマトの世界観が気に入っているみたいです。

宇宙戦艦ではなくSPACE BATTLESHIP
と言うタイトルがポイント



1位『ソルト』
1位は、文句なしにソルトだそうです。
少し前に買って来たDVDを、既に何回も見直して
いるぐらい気に入っています。
今、アクションをやらせたら、ミラ・ジョヴォヴィッチ
かアンジェリーナ・ジョリーかで人気を二分しそうな
感じですが、うちでは、アンジーのカッコ良さの方が
他の女優さんを圧倒しています。
2年前の『ウォンテッド』から、高値安定。完全に
頭1つ抜け出した存在感になりました。
あとは、勲章(アカデミー賞)を取りたいところですが、
こればかりは、人気だけではどうしようもありません。
(そのうちチャンスはありそうですが)

第2弾が楽しみ


戦う女は美しい



続いては、私のベスト3

3位『しあわせの隠れ場所』
私の3位は、サンドラブロックが念願のアカデミー賞を
受賞した「しあわせの隠れ場所」
「スピード」で初めて観て以来、ずっ~と注目してきましたが、
この映画は、彼女のハマり役だったと思います。

アカデミー賞受賞後に、公開している映画館が
増えました(苦笑)



2位『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
2位は、妻と同じくヤマト
世間の賛否両論とは関係なく、うちでは高評価に
なりました(苦笑)
技術的な部分は・・・なところはありますが、あえて今
ヤマトをしかも実写版でやろうとする意気込みを
評価したいと思いました。
そして、正直おっかなびっくり観た実写版ヤマトは、
それはそれでヤマトに観えました。

未だに「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」が最高傑作
ですが、「SPACE BATTLESHIP ヤマト」もこれはこれで
”ヤマト”でした



1位『ソルト』
結果的に、今年は妻と私の1位と2位が全く同じでした。
全体的に邦画の勢いが強くて洋画の大作が少なかった
ことも影響しているかもしれません。
来年は、結構大作が控えているので、当然の事ながら
流れが変わって来ると思います。
妻も私も、ソルト=アンジーで、アンジーに1票
と言うイメージが正解でしょう。

圧倒的な存在感がありました



最後に特別賞
特別賞『バーレスク』
今年は、話題のミュージカル映画が2本ありました。
その2作品を比較してみると、出演者が超豪華だった
のは「NINE」でしたが、話の流れや映画としての
作りは、「バーレスク」が良かったです。

映画初出演のクリスティーナ・アギレラの気合いに注目

コメント   この記事についてブログを書く
« 石楠花に行きました | トップ | 2010年 MVPの発表(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事