Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

『トロン:レガシー』を観に行きました

2010-12-29 22:44:30 | 映画
今日は、映画『トロン:レガシー』を観に行きました。

この映画は、今から28年前(1982年)に世界初の
デジタル・コンピュータ・グラフィックスを導入した
映画「トロン」の3D版の続編。
主演は、「エラゴン」に出ていたギャレット・ヘドランド
その父親役にオスカー俳優のジェフ・ブリッジス
(ジェフ・ブリッジスは、前作の「トロン」では主役でした)
今回は、二役を演じていましたが、なかなか渋い演技で、
さすがにオスカー俳優の貫禄を感じました。

ディズニー作品なので、かなり大掛かりな宣伝が展開されて
いましたし、いかにもお金が掛っている感じのCGや映像は
素晴らしかったです。
(3Dじゃなくても十分なクオリティに感じられました)

ストーリーの流れはいたって単純。
ほとんどが戦いの連続なので、難しい事を考えずに映像を
楽しんでいれば、何の問題もない映画です。
でも、少しでも疑問を持ち始めると、いろいろなところに
???な部分があるので少し難解に・・・。

基本的には、少し前に大ヒットした「マトリックス」と
同じような世界観での話なのですが、それよりはずっと
分かりやすく出来ています。

妻の評価は☆4.0、私の評価も☆4.0です。
私は「マトリックス」が大好きなので、この映画の世界観も
受け入れられましたが、そういうのが嫌いな人には、
まるっきり理解出来ない世界かもしれません・・・。
ゲーム感覚に近い感じで、映像を楽しめれば全く問題の
ない映画なので、是非また続編をお願いしたいです。
上映時間の125分は、全くきになりませんでしたが、
メガネをかける3Dは、疲れるので、何とか改善して
ほしいです。(映像が暗く感じるのも、もったいない
感じなので・・・)

最後にオマケの話ですが、この映画の中で印象に残ったのは、
この世界(トロン)の”鍵を握る女”クオラを演じていた
オリヴィア・ワイルド。
何となく謎めいたカッコ良さでした。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今年の総括(愛馬編) | トップ | ストレートバーム ショコラ&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事