Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

サートゥルナーリア、天皇賞・秋を見送りへ

2020-09-12 19:00:01 | 一口馬主
『サートゥルナーリア、天皇賞・秋を見送りへ』

9月11日付けのデイリースポーツさんの記事で、
サートゥルナーリアの状況が報告されていました。
(以下がその記事の内容です)

サートゥルナーリア(牡4歳、栗東・角居)が天皇賞・秋
(11月1日・東京)を見送る可能性が高くなった。
現在は、北海道のノーザンファーム早来で放牧中。10日、
所属するキャロットクラブのホームページによると、
宝塚記念の疲労が抜けるのに時間がかかっている状態で、
「現状では期間的に厳しいかな」と担当者。

と言うことです。


まだ、クラブからは、正式に見送りの発表はありませんが、

<最新の近況からの抜粋>
「やはり宝塚記念の疲労が抜けるのに時間が掛かっており、
血中の数値を見てもまだまだ良化途上かな…という状態です。
秋の天皇賞へ向かうには今月末か来月の頭に戻す必要がある
ことを鑑みると、現状では期間的に厳しいかなと感じています」

↑ このコメントを見ると、見送る可能性が高そうです。

天皇賞・秋には、今年も凄いメンバーが集まりそうなので、
中途半端な状態では勝負になりませんし、変に焦って無理を
すると大きな故障につながってしまうかもしれません。

いろいろな考え方があるのは当然なので、難しい選択には
なりますが、私たちとしては、レースありきではなく馬本位
でのレース選択をお願いしたいと思っています。

コメント   この記事についてブログを書く
« シーリア 復帰に向けて調整中 | トップ | 今週の結果 < 紫苑S 3... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事