Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

アルトリウス 帰厩に向けての最終調整へ

2019-11-06 22:00:01 | 一口馬主
トップガン厩舎の5歳馬、アルトリウスが帰厩に向けての
最終段階に入りました。

TOPの写真の仔がアルトリウス
(写真提供:G1TC)
父:キングカメハメハ
母:レジネッタ(母父:フレンチデピュティ)
鹿毛の5歳セン馬です。

クラブからの最新レポートによると

この中間も周回・坂路コースを併用して乗り進めています。
現在のメニューは、週1日周回コースをハッキングキャンター
で2500m、週1日周回コースをハッキングキャンターで2000m
の後に坂路コースをハロン16秒ペースで1本、週2日坂路コース
をハロン17秒・15-14秒ペースで2本駆け上がるという内容です。
精神的に神経質で物見をすることがあるものの、態勢はだいぶ
整ってきました。しっかりと落ち着かせながら、帰厩に向けての
最終調整に取り組んでいきます。体調面は良好で、飼い葉も完食
できています。最新の馬体重は471kgでした。

と言うことです。

7月20日(土)の函館12Rに出走して10着になったあと
OFリリーバレーに放牧に出て、現在は山元TCで調整中です。
セン馬になったことで調整がやりやすくなったのかと思って
いましたが、相変わらず神経質な面を見せているのは困った
モノです。(早く大人になってほしいです)

今回の休養は、特にどこかが悪かったわけではなかったので、
短期で戻れると思っていましたが、結果的には3ヶ月以上の
お休みになってしまいました・・・。
確かに休養前の2レースは着順が悪く(11着⇒10着)
調子も悪い感じだったので、しっかりと時間をかけて立て直し
をする必要があったのかもしれません。

この仔は、ちょっと変わった馬で、今までの戦績を見てみると
好走しているときが武藤雅騎手、木幡育也騎手で、今回の休養
のキッカケとなった2レースがルメール騎手でした。ルメール
騎手が騎乗すると普通は成績がUPするのですが、この仔の場合
は、2戦続けての完敗だったので、ハッキリした原因は不明
ですが、能力の問題ではなく、とにかく“相性が悪い”と言う
ことにしておきたいと思っています(苦笑)

いろいろと難しいところのある馬なんだとは思いますが、
2勝クラスでは安定した(上位の)成績を残していたので、
このままでは終れません。

F先生、よろしくお願いいたします。
コメント   この記事についてブログを書く
« 11/7(木) <笠松> 、... | トップ | 今日(11/7)の結果 <... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事