Dream Factory

私の夢、いろいろ・・・・・

映画 『アラジン』 を観に行きました

2019-07-13 22:11:11 | 映画
今日は、映画 『アラジン』 を観に行きました。

★今なお語り継がれるディズニー不朽の名作をついに実写映画化!★

皆さんお馴染の「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、
不思議なランプを手に入れた若者(アラジン)が愛する女性
(王女ジャスミン)を守るために繰り広げる冒険を描いた
ディズニー・アニメの名作を、ディズニーが実写化した作品です。

実写化でどんな感じになるのか?興味津々でしたが、思った以上
にまとまっていて、最初から最後まで、ほとんど中だるみなしに
楽しめました!

この映画は興行的にも大当たりしています。

以下は、この映画の勢いの凄さを表している記事の抜粋です。

◆7月8日に発表された6、7日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)
によると、日本で1993年公開のディズニー人気アニメーション映画を実写化
した「アラジン」(ガイ・リッチー監督)が5週連続で首位を獲得した。
土日2日間で約46万8000人を動員し、興行収入は約6億9900万円を記録。
新作が次々と封切られる中、落ちの少ない安定した興行を続けており、
累計では間もなく動員が600万人、興行収入が86億円に届く勢いだ。

◆昨年大ヒットした『ボヘミアン・ラプソディ』(130億円)は、同じ
公開24日時点での観客動員数は243万4,670人、興行収入は33億2,358万円
であり、『アラジン』は2倍以上の差をつけている。配給元のディズニーは、
最終興行収入100億円超えが現実味を帯びてきていると発表した。

ディズニー作品は、このあと、11/22公開予定の『アナと雪の女王2』
が控えているので、次々とヒット作が出て話題が尽きません。親子で安心
して楽しめるコンテンツは、興行的に最強です!


話を『アラジン』に戻します。

魔人ジーニー(ウィル・スミス)


このウィル・スミスは、ハマり役でした。この人はとにかく器用にいろいろ
な役柄をこなせるので、素晴らしいです。(コメディからシリアスまで)

アラジン(メナ・マスード)&ジャスミン(ナオミ・スコット)


アラジン役のメナ・マスードは、世界的なオーディションを勝ち抜いた
だけあって、アクション(体の動きとキレ)が素晴らしかったです。

そしてジャスミン役のナオミ・スコットは、歌の上手さが最高でした。
1人で熱唱する『Speechless』の世界に引き込まれました。

ディズニー作品は楽曲の素晴らしさはもちろんですが、起用されている
キャスト、特に女性の歌が圧巻です。(アナ雪もそうでした)

主題歌『ホール・ニュー・ワールド』は名曲ですね。

妻の評価は、☆4.0
私も同じく、☆4.0
です。

基本的には、子供向けの作品なので、そんなに厳しい場面もなく、
安心して楽しむことができました!





コメント   この記事についてブログを書く
« ラフィアンで8年ぶりに出資 | トップ | 今週の結果 < ウイングレイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事