Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

唸り声と五臓六腑

2016年10月14日 | 日々、徒然に

とあるテレビ番組を本にするのだけど、

なかなか進行しないなと思っていたら、

映像データが一気に送られてくる。

聞くところによると、

入稿までのスケジュールはタイトらしい。ううむ。

 

それにしても、ディラン。

普通にいつもの公演があったらしいけど、

ノーベル賞にはまったく言及せず、

というかまともに言葉を発しなかったらしい。

「いかにもディランらしい」との声があるけれど、

ディランらしいとは何なのか。

反骨のフォークシンガーらしいってこと?

そんなカッコいいものではなく、あまり深く考えず、空気など読まず、

ただ歌って、演奏してるだけの人なのだろう。

あるとき、俺ってすごい賞取ったんだ、と気がついて、

満面の笑みを浮かべて、授与式に出たりするかもしれないな、と。

 

 

お祝いを込めて、麦のアレを片手に、

CDの棚から適当に「欲望」を選んで聞く。

日本でいちばん売れたディランのアルバムらしい。

なんともメランコリック、それでいて尖っていてカッコいいですな。

そんな40年前のディランに思いを馳せております。麦のアレが五臓六腑に。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« How do you feel ? | トップ | 罪と罰のあいだで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々、徒然に」カテゴリの最新記事