後期高齢者 ぼちぼち 日誌

日常の出来事 趣味のネット囲碁 ネット競馬 などについて 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

老いて思いやり

2017-03-14 14:11:27 | 日記
家内がリハビリに通っている総合病院の待合室にいる

病院は500mくらいの川沿いにあるのでマンション住民で

、私を含め、お世話になっている者もおおい。

隣の席の老女がスマホ出し話し始めた。友人へである。

駅通りの皮膚科の帰り、スロープで転倒、骨折して

2週間入院して今退院するところだと親しみを込めて

話していた。電話の向こうでは どうして教えてくれなかったの

その会話の調子からして良い友の関係らしい

老いてくると 病気など治ってからとなるものらしい

ある人が 亡くなって通知を受け取り、その友が

10年間入院していたのを知ったといっていたのを

おもいだした。


昔見し面影もあらず衰えて鏡の人のほろほろと泣く 子規



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生活習慣病について | トップ | 皇室に思う »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事