デボーションノート
聖書日課に従って、日々聖書を読んで思わされたことを書き留めています。




マタイ15:1 そのころ、ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。
15:2 「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言い伝えを破るのですか。彼らは食事の前に手を洗いません。」
15:3 そこで、イエスはお答えになった。「なぜ、あなたたちも自分の言い伝えのために、神の掟を破っているのか。
15:4 神は、『父と母を敬え』と言い、『父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである』とも言っておられる。
15:5 それなのに、あなたたちは言っている。『父または母に向かって、「あなたに差し上げるべきものは、神への供え物にする」と言う者は、
15:6 父を敬わなくてもよい』と。こうして、あなたたちは、自分の言い伝えのために神の言葉を無にしている。
15:7 偽善者たちよ、イザヤは、あなたたちのことを見事に預言したものだ。
15:8 『この民は口先ではわたしを敬うが、その心はわたしから遠く離れている。
15:9 人間の戒めを教えとして教え、むなしくわたしをあがめている。』」
15:10 それから、イエスは群衆を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。
15:11 口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」
15:12 そのとき、弟子たちが近寄って来て、「ファリサイ派の人々がお言葉を聞いて、つまずいたのをご存じですか」と言った。
15:13 イエスはお答えになった。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、すべて抜き取られてしまう。
15:14 そのままにしておきなさい。彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう。」
15:15 するとペトロが、「そのたとえを説明してください」と言った。
15:16 イエスは言われた。「あなたがたも、まだ悟らないのか。
15:17 すべて口に入るものは、腹を通って外に出されることが分からないのか。
15:18 しかし、口から出て来るものは、心から出て来るので、これこそ人を汚す。
15:19 悪意、殺意、姦淫、みだらな行い、盗み、偽証、悪口などは、心から出て来るからである。
15:20 これが人を汚す。しかし、手を洗わずに食事をしても、そのことは人を汚すものではない。」

子供達がカレンダーを見ながら「今月は、三連休が二回もあるね。敬老感謝の日と、えっと…秋分の日か。」と言って話し合っていた。
そばで聞いていた私は、それを言うなら敬老の日でしょと言いかけたが、まあ、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝を表すのもいいことだし、あえて否定しないでおこうと思った。
ただ敬うだけではなく、感謝の気持ちを持って敬うことが大切だと思ったからである。
ただ敬うだけだと、どうしても形式的になりやすい。そこへ感謝の気持ちを持って敬うなら、形だけではない、本当の敬う心が養われると思う。

神様への態度も似ているかもしれない。
口先だけ敬ってみても、感謝の心がなければ、それは空しいもの。
すべてを感謝の心から始められる様にしたいものである。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« マタイ14章34... マタイ15章29... »