魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

命日

2014-06-30 01:36:31 | Weblog
 今日30日、
     とうさんの命日。

  4年かと思ってたら、
     

    『専さん、5年、七回忌だよ~』
        
       屋久島の娘・順ちゃんに 言われてしまった。

     

    けど、
        私は この世の行事一切やらないから。

 

     NHK大河ドラマ;黒田官兵衛の辞
    
      ❝ なに事も
          なるにまかせる
               心こそ
             齢をのぶる
                くすりなりけり ❞

    
   ≪終わりの無い生涯などナイ≫

  

 こうして 記憶を呼び戻してる私も、
        
            いつの日にか、必ず 終わる生涯。

    
   ≪ 記憶は 愛 ≫

      想いだすことも、 忘れる事も・・・・愛

    

   ≪ 戸籍上の親族 ≫

      人間の作った関係❔ 情❔ 

      

       ❝ 自ら 
          あい逢う時も 
               別れても
              
              1人はいつも
                  1人なりける 一遍上人 ❞


  

  
        
コメント

檜原湖畔;星野リゾートでの3日間 (1)

2014-06-29 01:39:34 | Weblog
 平成26年6月1日(日)~3日(火)
   
     檜原湖畔;星野リゾートで過ごす3日間の旅



 クラツーの旅  バス満席。
   
    ロイヤルホテルには この春 泊まったので、
        
         星野リゾートに泊まってみたくって、参加。


 「溝の口駅」で 大井町線に乗り換えて~~

  
    座席に座って・・・斜め前の男性に目がいって・・・
       
      あれッ❔ 見覚えがある・・・
            

        思わず ニコッ❢ っと返したら、

    
     チョッと アレッ❔と言う気持ちと、誰だろう~❔ 
         
           と 入り混じった顔が、返ってきた。


 直ぐ その席に近ずいて、

    『魚河岸に来てた事 ありますよね~~❕❔』
    
    『ええ』
    
    『やっぱり~~イ❢』
    
    『アツ ❢ やっちゃ場の専務 ❢』
        
         
         ちょっと 違うけど・・・まあイイや。



  今朝、伊豆の長男のブログそのまま・・・

  
     ―――― 人は何処で出遭うか 解らない ―――――

            本当に そのまま。

 
 品川まで行かれると言うので、
   
     私も同方向――――
       
        ズーット 話が途切れず、

    

  やはり、話題に上るのは、
  
   え~ちゃん、 丈二、 裕子、 そして最後に私の夫だった社長、

       
        幾ら話したって 終わらないよョ~~~

    
    『専務は 変わらないね~~
         

        其のパワーは、何処から来るんだろう~~~
       
             
                 逢えて、元気を貰えたよ。』

       
         また逢う日を期待して・・・・




「上野駅」集合し、バスは、東北道を進む。

    途中「猪苗代湖」で 昼食タイムし、pm2時には ホテル到着。





     
       磐梯山が目の前に~~~
        
           標高;1819m

  

   「檜原湖」の直ぐ横にホテルが在るので、
      
        今日は遊覧船に乗船。
            35分  ¥1100円






 碧空に雲一つない初夏の清々しさ―――
    

    風切って走るモーターボートが 数隻 走る中、

       ゆっくり、 のんびり、風を切る遊覧船も またイイね。

     (本当はやせ我慢・・・

        モーターボートは、¥7500だもんネ)





   船内放送あったけど、
    
      エンジン音と 風に 吹き飛ばされ、
         
            私の耳に 正確に届かなくって・・・・





 
此処、「五色沼」周辺は、
   1888年の噴火で 川が堰き止められて 出来たもの。
     
     国有地だったものの 
      
       荒廃してた地に、
        
         植林を成功させた者に 安く払下げる事を、
            
               明治政府が打ち出して、

     
             数名が 試みたものの、
         
                成功せず、

     1910年、
       
        会津若松出身の遠藤現夢氏が、
          
            林学博士・中村弥六の指導の下、成功。

       
    
     其の名前を後世に残そうと「弥六沼」と名付けた池も在る。



夕食; pm6時から バイキング。

   これって高価な物は 一つもないのに、
      
      何故か、 不思議なことに、満足感がある。

    

    ツアー客の為の <ヒバラダイニング>
        
       === <KOREZO東北バイキング>===

   

       恐らく2回訪れたなら、
       
         なあ~~~ンだぁ~~と  思うだろう。

 
 昔、
   
   伊豆・伊東のハトヤの社長;おかあさんが、
    

      『日本中の人が、一生に一回訪れてくれれば イイ』
 
     って、豪語してたけど、

     

          そう~~私は もう二度は、来ないね。

 
  鯉の滝登りも、
   
   若さと 勢いと、その川の流れとが マッチして成功するもの―――

    

       「星野リゾート」の勢い ❢
         
             止められないね。

       

         よく、中間層のハートをつかんでるョ。


     





コメント

【屋久島】から続く旅 (最終回)

2014-06-28 01:37:26 | Weblog


 35分の船旅。



    揺れも無いなんて 全く珍しい~~

 

 「吉見港」上空には まだ雨雲が~~~




   
   「吉見駅」まで カート引きながら歩いて行くと、
      
      白い軽自動車が 目の前で停まる。

        

   ニコッ と、 笑顔が・・・

    
       エミューの小屋の前で出遭った 爽やかな若者。




        覚えててくれたのね。

            次の便で【島】へ 戻ると言う彼に、
    

   ブログにも載せるので 名前教えて~~
         

         『私 専さん~~』

     
      松本 たけ志 (タケちゃんが また一人増えたァ)
         

          『また 逢いましょう~~』と 約束。

 


「吉見駅」近辺には、蒲鉾屋が多く、
     
     つい浮かんだのは トシちゃん。
        

       富山の蒲鉾が一番だと思ってるから、お土産に~~

   


  【蓋井島】は 快晴になってるけど、
       

       こっちは 雲も低く、山にはガスが立ち込めてる。



    
   

   明日は晴れるだろうが、やはり早目に上がって ヨカッタ。

      帰りの便 予約取ってるから、
         万一の場合考えて 安全牌で往きたいから。


 風も少し冷たい。
      pm4時57分、「下関行」に乗車



   
  
 
  「下関」は、準鉄道記念 車両航走発祥の地。



         明治44年3月1日
     
    「下関」―›「小森江」間を 宮本高次氏は、資材を投じ
       
       7t貨車3両積載する 艀=はしけ三隻と、
       
      これを曳航=えいこうする小蒸気船3隻を建造し、
         
           海運連絡輸送を 実施。

 


 ―――― 現在 。 過去 。 未来 。
           
            時代の風は いつも この町から ――――

   

    
    ビール買うためスーパーに立ち寄り、
         ネギトロ 2個買って チェックイン。

     

     サウナと温泉で 垢すりしたり、
         
          今回最後の夜、 のんびり過ごす。




  翌朝

   10時30分のバスで 「山口宇部空港」11時50分着。
  
      朝から暖かく、最高の天気。

    


    空港で食べた(尾道ラーメン)
       

      チャーシュー抜き、 味濃いめ、 美味かったぁ~~

 

      pm1時20分発   羽田pm2時50分着。
    

       家にはpm5時着。   45日振り~~の帰宅。

  
         

             ≒       ≒



  
  鷹さんからメールが入った。

  ――― 100日では終わらないだろう 自分が納得するまでは―――


 
 返信する

  ――― そうかあ~ 気に入ったのね(笑い)
       
        たった今羽田空港に・・・
          
           積もる話も楽しみに・・・
              
             逢瀬を心から待ち望んでるからね・・・
        
           怪我しないように。




コメント

【屋久島】から続く旅 (17)

2014-06-27 06:19:47 | Weblog
 昨夜 6時、北海道の旅から戻りました。

「札幌」は、16日間も雨が続いてたそうで、
   
   私達が行った翌日から ズーッと、晴れ続きです。


  念願の「積丹半島」「神威岬」「二股ラジウム温泉」


      総て、網羅してきました。


        また連載しますので



       ∻     ∻     ∻





  雨戸を片付けて、
   
   響灘を眺めると、小雨は降ってるけど、風は 治まってる。

      
       だったら、午後の便で発とう。

 

 pm3時50分。
    
     出航するか否か? 確認し、
       5月8・ 9日連泊したホテルに、予約入れる。

  

   旅の最中、
        雨を知らない―――と 豪語する私に 相応しく、

     
     心配してるおかあさんを尻目に、
          
         だんだん【蓋井島】の 海の荒れも 治まり、
 
      
        空も 明るく 高く、  
           
            山の頂きの 黄緑の濃さが、冴えてくる。

        

        『こんな雨に中 帰るのは 大変よ 』

        『大丈夫 ❢ 心配いらないよ 』




 『料理に 肉も出さず、 いつも イカ中心で ご免ね』と 誤り、
 
   
   『今夜は 肉とおでんとサラダを考えてたのよ~』

    
     『私は 肉食べないし、 イカ大好きだから~
          
           母の遺伝かも。 肉は、臭いから嫌い。』

  

 おかあさんも、
    
    幼い頃 実家で,朝鮮国の人に 家を貸してた時、
       
       彼らが、ウサギや山羊を殺し 解体し、
         

           骨は、 スープに、
            
             肉は、煮たり 焼いたり~~

      
         其の匂いを嗅いでから、肉を食べれなくなった。

             
               私も同じ。

 

 今でもウエットスーツ着て 海に潜るけど、
     
      島民全体の作業の {ひじき採り}には、
             
         もう 参加しないようにしてるって。

  

   理由は、
     
     全員 船で出掛け、
       
       自分で採った分は 自分で背負い、岩場を歩き、船まで運ぶ 。
      

         それを、陸で茹でて分ける時、
         
            参加した人数で 平等に分配される―――

    
      自分の年齢では やっとなのに、
       
   
        人の分まで貰うのは 気が引けるから、
          

          必要な分だけ 陸近くで採るようにしてるそうだ。

     

     人に負担掛けて生きるのは、自分の生き方じゃあないんだよね。

 


 おとうさんと 実妹と、  
    
     息子さんの死に至った経過を 語って聞かせてくれて~~

  


  おかあさん、
    
    12年前訪れた時、
      
       私が教えて事を 今も覚えてて、実践してるって。

  

   そんな難しいことでは無いけど、

      天麩羅揚げるとき バット使うと 後始末が大変だから、
        
        新聞紙とか 雑誌使うと 吸収がイイし、
           
            簡単に捨てられる。

      

      残った刺身も、次の日 そのまま出さず、
        
         天麩羅・ 煮付けに変えると、捨てなくってイイ。

           

           そんな事 教えてくれたよ・・・って。

  

   手作り化粧水=柚子・グリセリン・酒
      
       これも使うよう送ってあげてるので、
          

         ズーっと使ってるから、肌荒れも少ない・・って。

    


  今回は、
       ● 梅酢で うがいする事。
        
       ● 氷水で 両眼を毎朝洗う事・・・なども追加して・・

 
 


   『港まで送ると泪が出るから・・家でサヨナラ・・・よ』

     

        強いハグして・・・
                   

           『淋しく なるよォ~~』






 pm3時50分の船、  私1人❓
    
    揺れを予想し 船室に横になったけど、
       

      もう一度【島】を目に焼き付けておこうと 甲板に出たら、

   

     マッハに乗って 走ってくるお母さんが 目に入る。
   
        来たんだぁ~~




  
       手が千切れんばかりに 振って~~~

    

    大声で叫ぶ。 おかあさ~ん ❢ また来るから~~って ❢
コメント

【屋久島】から続く旅 (16)

2014-06-26 01:44:20 | Weblog



        5月12日(月)


 鳴り止まない強い風が、雨戸を叩く音、
  
    ウ――ッ ウ――ッ と、吠えるような風。

     
       こんな風の音聞いたのはぁ❔いつだろう~~~

   
  都会なら 台風時期でなければ,聞くことも無い もの凄い音。

     
     雨戸が閉まってたから、
          
        電気を付けなければ、何にも見えない。



 朝7時起きて 判った事は、
     
     風だけでなく 雨も吹き付けていた事を~~

 

    昨日乾した洗濯物  どうなっているんだろう~~?
     
       外へ出てみたら、 取り込んであるし、
        
          雨戸も 引いてある。

    

       おかあさんが やってくれたのネ。

      

     心 配りが嬉しい~~❢

             本当に ありがとう。

    

    それにしても・・ 何時 雨戸を引いたんだろう~~か?
       
        それほど深く 寝入ってたんだろうか~~



 本当ならば、
   
   朝4時、 
    

    「蓋井島漁港」に水揚げされる 魚・ 貝を見に行こうと思ってが、

      
      am3時から 2回にわたって、 中止の村内放送が流れた。
       
         それで再び 寝入ってしまったんだった。 



  おかあさんは、泊まる客数に合わせて、
   
     魚の仕入れ注文してるのを 受け取りに行くので
       
   毎朝 am3時起きて、
  
     マッハに乗って行くのだけど、
     
      行は 下りだから構わないのだけど、
     
         帰りは、登りになって
         
            ピッ ピッ ピッ ピッ ピッ 警笛がなるんで、
   

        近所の人達 まだ 寝てるのに迷惑かけるからと、

     
       わざわざ遠回りして、民家の無い道を通って行くんだって。

        

          本当に 優しい心を持ってるんだね。



 am8時、
   
    『ご飯は どうしようかぁ~~』と、起こされて、

        
       ビール飲めれば それでイイ私。

   


     朝から    刺身; 赤イカ刺身・ 鯵  
        

        大好物だから また ビールの量が~~~

      

        サザエご飯も炊いてくれたの, イイ味だぁ~~❢ 




  おかあさんの人生も ≪波乱万丈≫ さ。
   
      

         人には人の いろいろな人生。

    

     生きて往くための意義・ 
        

            誰も変わることの出来ない 一生がある。

 

 けど、 偉いなぁ~~と 思う。

   たった一人で、
      
        おとうさんの残した民宿を 切り盛りして、
           
                生計を立ててゆくなんて~~

         
           私には 無理 サ 。

     

        とっても 強い意志を 持っているのだろう~~



 
 昨日午前中、
   

   トイレ2カ所 ・ 洗面所2か所 ・ 息子さんの部屋掃除
       
          終わらせてしまったし、

     

      雨と風の中、何もやることが無いから、

       
          ましてや雨戸が閉まって真っ暗な部屋、
       
         
             今 何時 ❓ って 感じ。

      

   結局、目が覚めたのは pm1時30分。

    

       『お昼も食べないで~~~ぇ』 と 起こされて・・・

コメント

【屋久島】から続く旅 (15)

2014-06-25 01:46:11 | Weblog
  PM7時30分、  夕食。
    

     刺身 ;  赤イカ・ 鯵・ ワラサ・ サザエ
     
     小鉢

         飲むだけだから ご飯はイラナイから。

 


 NHK大河ドラマ== 黒田官兵衛

   
   デジタルになってから 映りが悪いと、おかあさんが 話す。

   

    本当に 途切れ途切れで、何を言ってるのか聞き取れず、
       
      それでも受信料支払うのは、不思議だよね。

    

      普通なら、不良品なら交換してくれるとか、
         
           半額にするとか、

       
         頭を下げるのものなのに
          

        当然 ❢ のような顔で 集金に来るんだから。

  


  まあ~~ネ

      私は、今だかって 払った事ナイ。

    

      【屋久島】の娘も、払わない。

   

  前にも ブログに載せたけど、
      

    
    【トカラ列島・中之島】在住中、
        

      娘が上京してて え~ちゃん一人の時集金に訪れ
          
         払うものだと え~ちゃん支払ってしまったそうな~

    
      『ォ~~イ  NHKの集金来たから 支払ったから、
           
               置いてったお金  不足するぞ~~ォ』

    
      『何で払うのよ~
        
          自分で払ったんだから、自分で負担すれば~~ァ』



 娘と え~ちゃんの会話後、え~ちゃんの取った行動

   


   【トカラ列島】には、週2回しか渡船が来ない間、
       

       民宿で待機してる 其の集金人の所へ行き、

   

   『煙草銭が無いから さっき支払った代金返してくれ~~ぇ ❢ 』


       


       今でも 語たり草 に なってるよ。




  見えない・・・聞き取れないTVに疲れ・・・ウトウト・・

    

     おかあさんも TVの前で 横になって眠ってる。

 


  夜通し吹く風。
    
       チットモ静まらない。

    

    深夜1時30分 目覚め、
       
        紀行文整理してる間も、吹き付ける風。

     

     昨日乾しておいた 洗濯物どうなっているだろう~~

     
コメント

【屋久島】から続く旅 (14)

2014-06-24 01:53:32 | Weblog


   同じ道帰るのは 好きじゃあないから、
       
        近道だという 石段の道を下りる。

     
    さっきより 藪が多く、
    

     きっと、近頃 此の道を通った人が居ないのだろう~~~

  

 石段と言うより、
      
     石が置かれてるだけで、
    

   万一、転倒したなら~~ 下まで 落下してゆくだろう~~~
 
     
     樹が繁ってるので、周りを見渡すことも出来ないし、
         

           勾配も結構 キツイ。

      


     気を付けて・・  ゆっくりゆっくり、 一歩ずつ進む。




  民宿の在る 集落のはずれに出た。





   一周道路は、舗装された綺麗な道。

     
      その上の方には、「蓋井島火葬場」も あります。







   帰りに「ミナト商店」に寄って、ビール買って戻り、

   
      昼食だと言って、
       
        五目ちらし
       
        手作りトコロテン
       
        赤イカ一夜干し
       
        漬物
       
        刺身; 赤イカ・ 鯵
       
        小さな貝
          
           (爪楊枝で引っ張り出して~~~久し振り ❢)

       
           此の貝、私の為に海に活かしててくれたものだって。

    
         

              美味しく頂いた。



  風がますます強く 唸ってる。

   
      お風呂に入りながら 洗濯も終え、

        
           また・・・ウトウト・・・・



コメント

【屋久島】から続く旅 (13)

2014-06-23 01:57:33 | Weblog
 PM1時30分、
   
   眠りから覚め、
     
    さっき出遭った男性から聞いてた「灯台」への道を、歩き始める。



 昨日、少年期のエミューが居たところから
    
    左に登ると <やまどりの散歩道・金毘羅山・灯台への道>




   
   その前に エミューの雛 5羽。

      

      やっと羽が生えたばかり・・・のような
         
        柔らかく、美しい・・・産毛の エミュー達。

 
  まだ人馴れしてないのだろう~~
       

      私の動きに 一喜一憂し、檻の中を掛け巡ってる。






  
  お掃除に 来られてたのだろうか~?

     軽トラックの男性に話しかけると、
        
        今までのエミューの様子を 話してくださる。

       

    私もエミューとの出逢い 
         
          エミューオイルの話 して~~~




   

    爽やかな 若い男性も、 共同経営者のお一人。



       いろいろ教えて頂いて ありがとうございました。

  


   ついでに「灯台」までの道  聞いたら、
     

        『向こうから行った方が近いのに~~~』

 
 それでも、さっき出遭った男性が、
    
    こっちの道から行った方がイイと 教えてくれてたので、
         
             気持ちは 揺るがない。

    

  ず――っと 登坂。

     道脇に 小さな赤い実を付けてるのは、(野イチゴ)



   
     粒の大きいのは、とても甘く、
       
      一つひとつ・・・つまんでは、口に運ぶ。

 

   これも 今朝出遭った男性から 聞いておいたから、
     

        安心して 口に放り込む ・・・・ 甘い ❢




    一粒ずつでは面倒になって、だんだん纏めて・・・










    この辺りになってきたら、(野イチゴ)は、ナカッタ。






  

  『鳥居があったら、左へ行くと「灯台」』

   

     そう聞いておいたから判ったけど、
         

         もしも・・・ そうでなかったなら・・・

   

  だって、 道なんか無いんだよ ❢ 

     
      そう~~   藪が繁ってて、道だとは思えないのだ。


 

     どこまでも青く 高い空には、

          悠々と羽を広げ舞う トンビが・・・




     
       こんな所で迷うわけにはいかない。
         
         空を仰いで 深呼吸。  

 

 落ち着いて、
    
    もう一度確認してみたら、
       
       石段のような物が 藪の下に、チョコッと見えた。



         よし ❢  間違いない ❢

    

   昨日使った杖で、一つ一つ確認しながら下る。
       

       一段一段と言えないのは、 石段が無い所もあるのだ。

 

  道幅50㎝位しかなく、
    
    
    右側は、崖と樹木が繁り、
    

    左側には 藪が張り出し、 蜘蛛の巣も多いし、
              
                   アザミの花と 棘が~~~

    

     滑らないように~~ 


        転ばないように~~
       

          ゆっくり ゆっくり  進む先に「灯台」




  

   今は無人になってて、
    
       網を巡らせてあるので、中に入ることは出来ないが、

  

     「灯台」の中に入り、階段上がると
     


    ―――地球は丸い―――って 判ると、 おかあさんが言ってた。


コメント

【屋久島】から続く旅 (12)

2014-06-22 01:08:20 | Weblog
『奥さん~~
   
    今見えてる方が、【屋久島】の話、したいって 言ってるの~~』

 
『は~~い 行きます。』





   昭和13年生まれ   下関・長府在住


 NPO法人を組織し、
   
    鳥や樹木の生存の為の 活動してられる、元税務会計士。

 

  【屋久島】が世界遺産登録される前に、5回訪れてるようで、
     
     (なつみ庵)の在る 安房地区も覚えてられて~~

   

   アラスカで、キングサーモン釣りに、
       
       キャンピグカーで訪れ、
     

      釣った魚の腹から出てきた、丸太棒2本もある 卵

          
       
        身も大きくぶつ切りして、

          冷凍設備が 発達してるから、
          

              冷凍して 持ち帰った事も~~~


   
   パジェロも 3台乗り潰すような
          
          旅をしてこられた・・・と 話す。

     

     穏やかで、優しい口調から、人の好さそうな 男性。




 上野のおかあさんの所で、長期滞在しながら、
     
     鳥の生態の調査してたこともあり、
          

           もう~~20年以上になると言う。

  


  私も旅の話したり、
     
       持ち前の 魚河岸女将の業を 提供したり、


   (卵は、ざるに入れて、
      
     湯を掛けて、転がすように ばらすと、イクラになるの
          
         塩振って、
             
             醤油・ みりんで 味〆れば 出来上がり)

    


   話題は、幾らでも引き出しに詰まってるから。

       



     『色々な女性と出遭いましたが、
           
          貴女のような面白い女性は、初めてです。』

 


12時20分の船で戻ります。

     おかあさんの茹でてくれた そら豆を食べながら・・・
        

         私は、ビール飲みながら・・・

   

   名刺交換して、
     

       船着き場まで ご一緒し、




      持ってた「屋久杉ストラップ」を、プレゼント。





 

   また、新しい出会いがうまれた―――






    
    帰り道見つけた。   夏ミカンなのだろうか~~

       

         道祖神かな?



  

     今日は、昨日より暖かいけど、
     

         風が強く、 ガタガタと揺らす。

        
              廊下のガラス戸が、鳴りやまない。

    

       また・・・ ウトウトと・・眠りに・・・・
コメント

【屋久島】から続く旅 (11)

2014-06-21 02:13:47 | Weblog


       5月11日(日)
 


  眼が覚めたら、もう 東の空に火が昇り始めてた。
      
       よく、 ぐっすり 眠ってしまったようだ。

   
   朝食用意して下さって~~
      
        (要らないよ って、言ってあったんだけど~~)

     

      赤イカ一夜干し
           
           (焼過ぎて 焦がして1枚捨てたみたい
               
                    生焼で イイのに~~)

      スナップえんどう
      
      生卵
      
      鯵塩焼き
      
      山菜の天麩羅; タラの芽もあったよ

 

       大好物の赤イカ一夜干しが出たら~~~
      


          やっぱり・・・ ビール飲むサ ❢

 

 食後、おかあさんが作ってる畑に 連れてってくれる。

     マッハ号で~~



   
    そら豆・ トマト2種・ 茄子・ 玉ねぎ・ ネギ・ しし唐・
      
        キャベツ・ レタス・・・







         その種類の多いこと~~

       たらの芽も 植樹してる。


   

    そら豆、お酒のつまみに取っておいで~~
      

       下に向かって垂れ下がったものを もいで、皮剥いて~




   
      畑からの帰り道



    
       見つけたよ ❢ 



 


   青空・ 日差しの柔らかさ
     

      暖かさと、 飲んだビールの酔いからだろうか~~



   

    敷きっ放しにしてある 布団の上で、 ゴ・ロ・リ・・
   
      

       どの位眠ったのだろうか~~~

   

      男性の来客があって、おかあさんと会談してる。
コメント