魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

懐かしき・・蓮台寺の家

2013-10-31 05:49:25 | Weblog
   「箱根湯本駅」から「小田原駅」に出て、
       
     「熱海」乗り換え「伊東駅」へ。

 
  
   息子夫婦の住むところは「南伊東」だけど、
    
        いつも迎えに来てくれてるので、便利させてもらってる。

  
 子供作らない主義だから、
    
   息子は嫁:芽里ちゃんを、
      
          娘のような愛情で包んでるのが、よく判る。
  
  
   料理が好きで 上手な息子は、
    
      台所は、『自分に任せて~~』と、
       
        嫁さんは、作ってる間カウンターの前で
          
            飲みながら・・作るのを見ながら・・・
             
                   楽しんでる・・・

  

  芽里ちゃんも飲むので、
    
    私が行くと 呑み量がハンパナイ!!
      
        350ml缶24本入り3ケースを、2日間で空ける。

   

   それだけではない。
     シャンパン・ワイン・日本酒・・・ 何でもござれ。

      
       魚河岸で仲卸をして育ってきた息子は、
       
          食材見る目は、プロ中のプロ。

         その上、料理の腕もプロ級だから、
           
             芽里ちゃんの舌も肥えて・・・・




 そんな中の一日を
   
     37年前家族で過ごした「蓮台寺」に、足を延ばす。




   周囲は変わりましたが、
    

       流れる 稲生沢川の澄んだ流れは、変わっていません。

   
    少し上流に行くと、
       ≪唐人・お吉≫ が 身を 投げた場所になりますが。
     
         その時の彼女の思いは・・・




     
       こんなに碧い空が 広がってます。


  カーター大統領が泊まられた「 清流荘 」の脇に
   
    500mに満たない遊歩道があるので、其処を歩いて行きます。



     
    稲生沢小学校です。
       
        長女・順子が5年、
        長男・丈二が3年、
        次女・仁己が1年に入学したばかり。



       
        次男・献は4歳、
    
           毎日、此の稲生沢川で 釣りしたり、
          
               アヒルたちと 遊んでましたね

            カッパ海老せんが 大好物で、
      
          背中に隠してても 見つかって、食べられてましたネ

   


    そう~~ この家に住んでたんですよ。
       
         今は、住む人もなく・・・・・



      此処に来ると、いろいろ思い出して・・・

  
     丁度 次女・仁巳が入学した頃は、
    
        庭に大きな桜の木があって、その下で 
        
          学校から帰ってくる娘を待って
     
            手作りのおやつを、次男・献さんと3人で食べたり、

  
    休日は、近くに住む友人・土屋家族と、

        海へ行き、貝をとってバーベキューしたり、
      
          山では、ワラビ・ウド・竹の子・自然薯とったり・・・

       
      TV無くっても 遊ぶことがイッパイで  

        夜になると、もう疲れて 皆 ぐっすり寝てしまう。


  
  夫は、日曜日の夜 車で出て、川崎に戻り、
     
       水曜日の夕方には、帰ってきてましたから、
   

      随分優雅な生活してたと、
        
           今  思うと 信じられないですね。

  
    ===・学校のい・じ・め・===
 

  ありましたよ。
   

     標的は 長男・丈二に向けられました。
 
       理由は、都会育ちですから 言葉使いが綺麗で
        
          ● 目上の人に対しての言葉使いと
        
          ● 同級生に対する言葉使いを 分けてる・・・
      

               それが原因でした。

   
     3年生でも、地元の有志の息子は やはり番長。
  
  

    一度こんなことがありました。

       学校内での【いじめ】では 収まらず、
     
        20人位で家まで押し駆けてきて、

  

   『お~~イ、オオヌキ居るか~~ぁ、 出てこい!!!』
     
      私も夫も 居て 昼寝してたんですが・・・

  

      『オオヌキ❓ 呼び捨てにしてるのかぁ(怒り)。
         
            此の 餓鬼ども・・・(怒り・怒り・怒り)』



  それを聞いた夫は、
  
    パンツ一丁で、飛び出して行き、
     
         子供達を追いかけて・・・・
  
    
      自転車で 来てた子は、自転車放り投げて・・・走る。
      
           夫の前を 集団で 転げるようにして逃げて、
                
                   学校に逃げ込んで行った・・・と。

 

   元ボクサーで、
   
      魚河岸の中でも、喧嘩がどこかで発生すると、
      
         『力さ~~ん(夫の愛称)来てくれ~~』と
    

              行けば、喧嘩が収まるので・・・

      
           そんな血の気の多い、若かりし頃の夫。

 

      勿論、このままではすみませんでしたから・・・念のため。

    

    エツ❓ 教えてって❓
        

             喜んで!!

  

           【いじめ】に負けない方法、教授しましょう。
コメント

箱根大文字焼き

2013-10-30 05:31:32 | Weblog

  
   ‷三日前の 古新聞  読む気があったら 買っとくれ‴
 
  

  8月16日の 箱根の大文字焼きに行った時の写真、
     
    今頃パソコンが直ったから、
       
       意外と綺麗に撮れたので、チョッとだけよ。



  
  
   茅ケ崎に住む友人が
    
    『行って見たい~~ 専さん一緒に行って~~』
       
       と、言うので、二度目なんだけど、
          
             仕方がナイ、行ってきました。
     

      宿泊費の高い事・・・
        
            5割増しですよ。


     食事もお宿も和風で、とても良かったから・・まあイイ。




  
  
      強羅鉄道に乗って「強羅」にも、行ってきました。
    
   一人で・・・
   
       新婚旅行が「強羅温泉」だったんですから。

    
         
          もう どうでもイイことですけどね。

 
   イベントが開催されてて賑わってましたね





 

    お宿の窓越しに見えた 夕陽が 綺麗でした。





   此の花火が 大文字に火を灯した一番先の花火です。











  
  翌日は、彼女と「湯本駅」で別れて「伊豆」に 直行しました。   
コメント

≪絆≫・・って❓

2013-10-29 05:27:42 | Weblog
 TVは
    {ドクターX}{相棒}かな ・❓
      
       見るのは。
         
         {半沢直樹}が終わってしまって・・・
    
 
  そんな私が たまたま 何気無く スイッチ 入れた時、
     
     {ドキュメンタリー;ねじれた絆}

         思わず 見入ってしまった。


  切なくって・・・
    
     すっげえ・・・切なくって・・・・
            
           涙が こぼれて・・・・・

   

 たまたま、 横浜・戸塚に住む兄と話したばかり。 


===絆===
    
    震災後から この字を 多く使用するようになった。
  
  然し、
    よく見て御覧!
      

      【糸】 赤い糸とか、戸籍上の親子とか、
      
          その隣に【半】

        そう~~たったの半分・・・
           
            つまり、 言葉だけってことさ。

===家族===
     
     昔は 【族】だった。
  
   
   が、今は
       
      子供が親を殺し、海賊か 山賊に 成り下がってる。
      
        そう~~【家賊】になってしまってる。

   
     その後だったから、余計に心惹かれ、見入ってしまった。



 赤子の時、病院で取り違えられた 親子関係への問いかけは❓
  
      ≪血≫  ≪縁≫  ≪絆≫
   
    
     結論は・・・    
           神のいたずら❓
          
         ・・・・・・
  
       人間は、 ≪縁≫  ≪絆≫
  

  
    ≪血≫は、神の領域。

        レビ記3章17節
    
        創世記9章4節
    
             其の命なる その血を・・・・


 傍観者でしかない私だけど、
    
     出演した少女たちの・・・あの・・表情・・・

  
   ≪血≫を優先したため、親子が離されてゆく・・
      
       その車を追いかける 子、
        
           涙流しながら・・去る・・・両親・・・

   

     言葉ではなく・・・ただ…涙が・・・ 止まらない・・

     
        抱きしめてあげたかっただろう・・・

    
   
   (創世記2章10節)
       
      人は その父母を離れて・・・  
            二人 一体と なるべし

  
  成人すれば、いずれは 
        
       ≪血≫ でも ≪縁≫でもない・・・
     
           ≪絆≫に なるのだから。

   

     間違いで済まないのだけど・・
            間違いは・・・おこるから

  

    この家族が、順応してゆけるか・・・否か・・・
     
       いいえ・・・ 順応してってくださいね。
    
    
     
    

  

       

コメント

❝自分の死を考える集い❞に参加して

2013-10-28 05:40:05 | Weblog
    第210回 ❝自分の死を考える集い❞

   主題 === 延命介護を考える
      
     延命治療ではない事を 知っててくださいね。


1)死にゆく人間に対して守らなくてはいけない鉄則
   
   ● 死にゆく自然の過程を邪魔しない
   ● 死にゆく人間に無用な苦痛を与えない

        繁殖終えたら 死んでイイ
     
          動物・植物も、実を結ばなくなったら 散る。
    
            なのに、何故人間だけが~~~

    
      【孤独死】が 一番!!
      
         「死」は、治らない。
       
          本人に治せないものを、医者が治せるわけがナイ。

 
2)「死」の自然過程
  
   ● 「死に時」が来れば、飲まなくなり、食べなくなる 
       
        にも拘わらず〔強性人工栄養}〔鼻チューブ〕〔胃婁〕
         
            〔大量皮下注射〕〔水分の異常注入〕 などなど

   
   ● 「飢餓」==脳内モルヒネ(B-エンドルフィン)などの分泌
       
         モルヒネ状の物質が分泌され、
         
            「生」から「死」へと、まどろう・・・
   
   
   ● 「脱水」==意識レベルの低下

   ● 「酸欠状態」==脳内モルヒネ(B-エンドルフィン)の分泌

   ● 「炭酸ガスの貯溜」==麻酔作用



 ※「死」は、ぼんやりと まどろみの中で
   
       いい気持で、この世から あの世へ移行する事。

 

 ※「同和園」では、一滴の水も口から入らなくなって
     
      亡くなるまでの期間 7日から10日。
       
         但し、その間に 熱が高くなることがある。


3)今の日本人は「食べないから死ぬ」と 思っている
   
   ● 無理無体に 口の中に食べ物を押し込む
      
       消化する力が無いのに、無理強いして、気管につまったり、
       
         詰まったものを掻きだしたり・・・して、
          
             苦しい思いをさせてる。
  
  
   ● 同じ一口なら カロリーの高いものを


4) 現在の介護施設に❝いい看取り❞は ない❓
   
   ● 利用者本位ではない(家族本位)
      
         家族とは、どこまでの範囲を指すのか❓

   ● 最後まで自立支援もどきの介護をする


5)❝延命介護❞を避けるために
  
   ● 介護者は「本当に本人のためになってるか」チェックする
  
   ● (被介護予備軍)普段から精一杯、  
       自分の事は自分でする習慣を身につけておく
   
   ● 介護者の看取り期における行為は、ほとんどオジャマ虫

   
    ____________________________


    私は「尊厳死協会」に登録してますが、
   
  そんな事してても、
   
     いざ!! って時、何の役にも立たない事を知ったから、
       
           今期で 退会します。
   
 

  まあ 取り敢えず、「事前指示書」を書いて渡したので、
   
    私の「死」に際して、葬儀しなくても、
     
      同居してる次男家族に,
       
          非難が及ばない事だけでも、心 休まります。
 
  

   下の娘に言われました。
   
     『専さんは あんな事書いたって、まだ 生きてるよ~~
      
         それ位 長生きするから~~』 だって。



      繁殖終えて、人の役にも立たなくなったら、
   
         生きてる価値は ナイ。

 
 ホント、
  
   病院は、年老りにメシ食わせてもらってる。
     
     早く死んだら、病院はおまんま食えなくなっちゃうから
      
         生きても居ないのに
      
           ただ 生かしてるだけ。

 
 山形に行った時、
   
    「即身仏」が沢山ありました。
      
          あれで いいんですよね。

  
   長い 文章になってしまいました。
      
         お役に立てれば・・・と 思います。
コメント

優しい時間を・・・ありがとう

2013-10-27 05:18:22 | Weblog
 同居してる息子家族・・・普段は魚河岸に行くので、
  
    嫁さんは、1年生の長女を送り出すと、
     
      次は、次女を 保育園に預けて 会社に。


  たまたま、今日休市で、( 10月23日の事 )
 
      息子は 接待ゴルフ
  
  

   『アレ❓ 今日保育園には 行かないの❓』

 
  珍しく、母子で おままごとしてる姿を見て、声をかけた。



 

    珍しく・・・なんて言ったなら、
     

     そう言う私が家に居る方が 、珍しいのだけど・・・

  

  『たまの休市なので、利沙と遊んであげようと思って・・』

 


   庭に面した広い硝子の下で、何やら 料理を作ってる。



    
    『ママ~~出来ましたぁ~~』


    

    『専さん~何撮ってるの~~❓』
  
       珍しく カメラを持つ私に 話しかけて・・・



    
    『ママ~~熱い内に一緒に食べましょう~~』



 


   私には無かった。

    
      ではなく・・・

           出来なかった・・・


        元々 私には 備わっていない感情・・・



    
     母親の優しさ・・・
      
        母親でなければ・・・ 持てない・・優しさ・・・

  
     
       {創世記2章24節}
       
      人は 父母を離れて 其の妻に好合い
          
                 二人一体と なるべし


  




 見ているだけで・・・
   
     心が 和む・・・     

  
     
       {伝道の書3章8節)
       
            愛しむに 時あり・・・



   そう~~
  
     もう再び還ってこない日。
      
           大切な時間。

   
    こんな 優しい時間を
        
           私にも 分けてもらえたことを、
            
                  嬉しく 思います。

コメント

村祭りに・・・

2013-10-26 07:53:27 | Weblog
 昨日・25日の  午後4時台の新幹線で「越後湯沢」
   
     「不食の作家・山田鷹夫氏」の所に来てる。

  
   今夜 「津南町・段丘花火」が 上がることと、

      ブログで見たら載ってる~~って聞いたから、確認したら、


       【日本一広く==打ち上げ面積】
       
        【日本一短い==打ち上げ時間】

      

      どのぐらい 広いのか❓
        どのぐらい短いのか❓

       
         やっぱり、行ってみなくっちゃあ、解らない。
       
     
      明日 新米で 餅つきがある事、

  
         秋の行事の一貫だそうで、
      
          誘ってくれたので、来てる。


 ・・・・・と、言っても、
  
    このブログは、予約投稿してるので、22日に書いたものなので、
    
       村の様子も、何も判らない・・・・ 

  

 【田舎】【故郷】を 知らない私にとって、
   
    山があって、川があって、竹藪があって、田圃があって、
     
       畑があって、野原があって・・・

  

          凄い 憧れです。

  
    
     伊豆・下田蓮台寺で過ごした・・・あの 日々・・・
        
           今も ズーット こころの中に・・・・

   
   
       いつの日にか
    
     一人で生活する日が来る時、
        
        その条件の満たすところで、
           
             生きてゆきたいと、思ってる。



  或るときは【島】で生活したい・・と 思ってたが、
   
       【島生活】の大変さは、娘夫婦を見てきて判った。

    

    どんなものでも【島】で生産されるものが無く、
     
      全て、取り寄せるのも、「船賃」がかかり、
       
        収入の無い年代になって住むには、
         
          経費が掛かり過ぎる。

  

     別に【島】に こだわらなくたって、
     
       美味しいもの、必要なものが 手に入り、
        
           私の望むような 場所は、有る。


  まだ 慌てなくっても、
   
     息子家族と住んでいられるし、
     
       その間に、行ける所に行って来たい!!!

      

         だから…まだまだ 私の旅は・・・続く。

     


コメント

24日昼のテレビ見て・・・ (怒り)

2013-10-25 01:00:00 | Weblog
 たった今、
   
   垢すり終えて戻って、たまたま TVスイッチ入れたら~~

  
    だから・・どこのTV局なのか❓ そんな事 判らない。

      阪急ホテル系列の~~~
          
        調理場で出されてる、
          
        食品が~~~   どうの こうの~~  ❓


 
 もう~~11月中旬まで、
     
    
      「北海道の旅」が、   
  
           予約投稿してあるのだが

        
           余りの 腹立ちから、横入りして~~~



            

   
 アホか!!!
   
   偉そうに言ってる  ●●アドバイザー
    

      ●●・・と したのは、別に隠すわけでなく、
       
            私が、名前も顔も覚えてないから。

     
       こいつら・・・言ってる事が、馬鹿!!!

  


      知ったかぶり~~~ しやがって・・・

    


    やっちゃあイケない事をやった❓

          じゃあ 本当は、お前だって判るのか  ❓!



「例えば・・」
  
     レッド・キャビア

  
   昨年 友人と阿寒湖に行った時、出てきたものを
   
     私が 『ピンポンさ~~』 と、テーブルに投げた。
            


         彼は ❓ ❓
       

         『専さんって、面白い事するね~~』

  
  そりゃあ~~そうだよ。
     

      何年、この本物の世界に生きてきたんだ ❢ ❢ ❢ 

    見れば解る。



  以前もブログに乗せたけど、
   

     孫娘・みな海は、今でも 刺身になってても、
     
          天然なのか ❓ 養殖なのか ❓ 判断できる。



 こんなTVに出演して 金貰ってる アドバイザー
   

       お前が 判るのか ❓ ❢    
 


    最後に こう締めてたよね。
    

     『高級料理店で食べれば・・・安心です・・・』
        

             らしきことを。




違うね❢
  
     どんな小さな店であっても、
    
         仕入する本人の心  ・  商いに対する 心

  大きいからとか
    
     高級だからとか
        
        有名人が誉めたからとか、

     

           関係ないんだよ ❢ ❢ ❢

 
 でもね、
   
    客にも 原因があるんだよ。

      知りもしないのに、知ったかぶりしやがって。
   

   『この 魚、何処で捕れたんですか~❓』

       そんな事お前が知ってどうすんだよ❢ ❢
 

      言ってやったね。

   『海は全部つながってんのさ~~❢
     
       魚だって、自分の好きなところに 住むのさ ❢』ってね 




 だから、私の店は【怖がられてた】
   


   その代わり、商品知識に対して、息子・娘も 真剣だった。

     判らないような奴に 説明したって仕方がナイ。
     
         買ってもらわなくっても イイ。  


 
 今も、年間60回前後の旅を 続けてるけど、
   
     こんな事 阪急だけに 焦点当てるなよ ❢ ❢ ❢ 

   



 有名な料理人だって、そうさ❢

  
    自分では レシピ作れず、
      
     ❝あまちゃん”の 春ちゃんじゃあ ないけど、
   

       影武者が居て、 
          
          現在も 王座に君臨してるのさ。


        ( 誰も 知らないのさ・・黙ってるから)


            


 美味しい~~ 自分が 満足できるものを 食べたいなら、
   
    掛かりつけの 医者・・・ならぬ

      行きつけの店を持つことだね。

 
  そうすれば、
   
    今日は、どこの産地のものが、入ってるとか・・・
     
       教えてくれるし、
         
            お金も高く取らない。




  【大きいものは いいことだ❢ ❢】
    (大手チェーン)

        なんてことはナイから、

    
   近場の親しい、オジサン、おばさんの店を 作って下さい。



   追伸;

   「魚ちゃん」

      彼は 素晴らしい~~❢ ❢

       
        よくぞ、あそこまで魚が判るって、

             え~ちゃんも 誉めてました。


     
      魚河岸女将に 戻ってしまったみたい・・・


         



コメント (2)

続・続・続・京都へ

2013-10-24 05:34:43 | Weblog
    会場;ハートフル京都
  
 ストッキング履きなおしたりして、pm2時入室。
       
    出席者;150人位
     
       真っ白い髪の人達が目立つ。

 

   講演者は 著者;中村仁一氏 おひとり。
   

    経歴==
     1940年長野県生まれ,内科医
      高雄病院院長・理事長を経て
       現在、社会福祉法人「同和園」付属診療所所長
     
     1996年から
        『自分の死を考える集い』を 主宰

  
    資料は ❝延命介護を考える❞ 
        
           読売新聞8月4日の切り抜き

           2011年8月12日の 切り抜き

   
1時間の講演後、 質疑応答に入る。

    
    私が一番気にいったし、
     
        納得したのは、
   
   
   〚繁殖終えたら 死んでイイ。
       
      動物・植物も、実を結んだら散る。
      
        余りにも現代は、年老りが長く生き過ぎる。
         
           病院は、年老りに メシ食わせてもらってる。』
  
     


      思わず・・・拍手してしまった 私。

 
 4~5人の質疑応答があったが、
     
      グダグダと阿保みたいな~~~
    
    
    そんなの答え貰うより、自分で出せよ・・・と言う内容。




  私も一つ質問したいことがあったので 問う。
  
   
    「事前指示書」を 此の9月2日 
    
        北海道旅行中作成し終えて、
        
      自分が1枚と、車の中に1枚
      
         4人の子供達にも、1枚ずつ渡し終えた。

 

  総てを完了した・・・と 思いきや、

   
    今の日本の医学だけでなく 社会では、それは通らず、
     
       〈死亡診断書〉作成時=24時間以内=に、
   
      医者の立ち合いで 了解得られないと、無効になるかもしれない

  

    ・・・と、聞き
      
        その場合の対処方法を教えて欲しい・・・と。
 
   


  《解答》
        著者としては・・・〚時の運だと』
  

  《どういう意味かって❓》
 
    ●かかりつけの医師を持っているか、
   
    ●「死」に対する考え方を持つ医師に出会えれば、スムーズに・・
  
    ●若い医師だったら・・・うーん 先ず・・・


  

  《かかりつけの医師を作って下さい》これが アドバイスでした。

   
     私のように医者に係らない人は❓ どうするの(怒り)

    


    まあ それだけ聞いておけば・・判った。



 pm4時半閉会近くなって 
   
    一人のオバアチャンが語りだしたら、グダグダと長くて~~~
       
      挨拶もせず、会場を後にする。
  

   たまたま帰途、2人の男性と「京都駅」まで一緒で、話が弾んだ。

   
    〚女が話すとくだらない、何を言いたいのか❓ 判らず、
      
       でも、貴女は話が簡潔で、要点を絞って解りやすく、
         
               声も透ってて、聞きやすかったよ』と。
   
   
    〚僕らは、暇つぶしに 時々 参加してるんですよ』

    

      __________________
 
 

    まあ参考にもなることもあったから、
     
        わざわざ行った甲斐はありました。

   

    少し聞いてきた事を載せましょう。
      
       自分に当てはめて 考えてみられたらいいでしょう
    
 

  



コメント

続・続・京都へ

2013-10-23 05:23:34 | Weblog
 今 pm5時。

    アルゼンチン・タンゴを 見に、出掛けます。

  
   48歳の誕生日,

     現地・アルゼンチンの舞台に上がって、
  
      一緒に踊ってもらえたのは、 夢のようです。


       ・・・・過ぎ去りし日の 想い出・・・・


              &


   翌日

      am10時チェックアウトし、
   
        「大原」行のバスで「出町柳駅」で、下車し

  
    「鞍馬線」で30分、2車両の電車で終点へ @410円


 秋晴れの爽やかな陽気に、人の足も軽いのだろう~~満席でした。

  
    車窓からのこぼれ陽は、
      
     木々の間からガラス越しに 差し込み、
   
        奥山京都の風景にとても似合って
       
      どこか・・・懐かしく
          
           心も 優しくなってくる。



 
「鞍馬寺」への参道の店数は 割に少なく、
     
      直ぐ 山門に入ってく。

   
    ケーブルカー 片道@100円
     
        行きだけ、登りに使わせてもらう。   急傾斜。

    

     下車してから、金色堂まで10分位だろうか~~?
       
            標高;410m

   

        義経の若かりし頃;牛若丸の時代
       
         此の山中で修練してたんだね。

    
             
             
   
    私の中学時代「義経」役は、中村錦之助だった。

      も~~ォ 素敵で!素敵で!

        
    その頃から「鞍馬山」に行って見たいって思ってたもんね。
       
       その後、誰が演じても錦之助には 勝てないね。



             


     「平 清盛」と「源 義経」展が、開かれてた。
       (見てる人は・・・いない・・)

 
  丁度 お昼頃で、
      陽も高く 汗が滲んでくる。 

   
     帰りは歩いて下山。
      
       階段と細かい砂利道の「九十九道」
        
         滑らないよう 気を付けながら、一歩ずつ・・・


   にも拘らず
     
      山門を出た 最後の石段に、
       
        ハイヒールのかかとが引っかかり・・・転倒・・・

          格好悪~~い≒≒

  
    転び方が上手いのか❓
     

      脛に傷持つ( ン・ン・ン )じゃなくって、
      
           血が滲んできて・・・

   

  ワンピースなのに、足から血が出てたらみっともないから、
      
     ティッシュペーパーでふき取り、
        
        持ってたクロロマイシンを,摺り込んでバスに乗車。

    
     「北山杉」のある「国際会館」行きに。

 
   初めは「北大路駅」で乗り換えて行く予定だったが、
    
      足の傷の事もあって、
    
        立ってると痛むので,
        
         バスの中で休憩しながら、それなりに処置し、
   
    阪急電車に乗り換えて、

      「丸太町」下車したら、直ぐ隣が 会場でした。
コメント

続・京都へ

2013-10-22 00:49:42 | Weblog
【料亭;和久】
   
  本日の献立
   
    前菜 ; 紫頭巾と呼ばれる「丹波の黒豆」の枝豆
          (丁寧に 両端カットして)
        
         アワビの煮つけ
        
         さつま芋のレモン煮

    吸い物 ;  はも湯引き・湯葉・松茸・三つ葉

    蒸物 ; 甘鯛の黒米蒸しおこわ包み
 
    焼物 ; 秋刀魚幽庵焼き クリームチーズ挟み

    天麩羅 ; 南瓜・しし唐・・・ 忘れちゃった

    椀物 ; 赤出汁
         厚焼きソフト玉子焼き、昆布と梅、ごはん

    デザート ; おはぎアイスクリーム包み

       

         これで@3900円
   
  
     アルコール類も 変わったものが多く、
      
        シュワシュワお酒・・・なんてネーミングのも・・
         
             今回は4種 頂きました。

   

     芽里ちゃん ご免ね。
       
         連れてきてあげられなくって。

 
 再び バスでホテルへ。

    集いは、明日pm2時からなので、
        

       それまで 何処へ行こう~~か❓ 思案中・・・
 

コメント