魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

ウクライナ・ベラルーシ・モルドバの旅 (其の3)

2011-10-31 00:57:17 | Weblog
トシチャンの町内会の日帰りの旅は、

  川越~青梅の吉川映二記念館 英の字が違ってるかも~~

 刺身や寿司を差し入れたので、みんな大喜びでした。

  バスの中で眠ってきたので、また、夜なべしちゃったよ。


  生活が、乱れてるね。 修正しなければ・・・・



    *       *       *





   10月14日(金)



am8時半出発し、
 
 「ミンスク市内観光」し、

    ポーランドとの国境の町「ブレスト」と向いますが、
  
  途中観光しながらなので、到着するのはpm7時頃のようです。



朝食;ローストビーフ、ソーセージ、味なしソーメン、パン、生野菜
    小麦粉で丸めたような パンケーキ?~~~

  食べれるものがナイ。



「ベラルーシ共和国」
  
  人口;900万人、 面積;207600k㎡、 首都;ミンスク、
  
    国境5つの国に囲まれてる。

 北東にロシア、南にウクライナ、西にリトニア、ラトピア、ポーランド。



 標高;350mの山があるが、後は 平地。
  45%が森林に覆われ、10000以上の湖がある。

   農業と牧畜で生計を立ててる。


1999年に独立。 独裁政治。 アメリカとは仲が悪い。

 
 少子化が進み、10年前と比較すると、50万人減っている。

  その理由として、無料だった教育費が有料に~~~
    
    農村で生活してきたのが、都会化してきてるため、
      
       生活費がかかるようになったのもある。


 ユダヤ人とポーランド人との混血も多くなってきてる。



5000人の留学生のうち、中国人が多い―――その理由は、
    物価が安いからですって。


  暖房も入れられる日が、全国的に決められてて、
      
      来週月曜日から 入るそうです。

    
     寒かったあ~~


  (青空はあるのですが、重い雲が覆ってて~~)




男60歳、女55歳、定年制で、 ここから年金支給が始まります。

 ロシア語が共通してるが、
  
     今は、ベラルーシ語として 確立してきてるそうです。


 病院医療費は 無料ですが、歯と美容整形は有料。


車は、1家に2台,  

   女性も外で働く人が多いし、半数以上の女性が大学卒。

 産休、生休は、3ヵ年。 公・民に関係なく再就職できます。


 主食はポテト。
  
  肉は、豚、鳥、牛の順位.  スープは夕食には出さない。

  魚は、内陸の為手に入りにくいので、肉食が多くなるため、
      
         肥満体形が増えているそうだ。
コメント

ウクライナ・ベラルーシ・モルドバの旅 (其の2)

2011-10-30 06:40:02 | Weblog
今日は、

トシチャンの町内会の年度行事・日帰り旅に一緒にって誘われたので

  刺身・お寿司・焼きそばを差し入れるので、

   早く起きて作って am7時集合です。


      行ってきます。



     *        *        *






 ロシアの航空会社・アエロフロートで、モスクワ乗換え、
   
    モスクワまで10時間40分、 時差△5時間。


  (ロシア上空になると、雲が厚く真っ白)


機内ではよく眠れたし、本を読んだりしてたので、気にならず過す。

  着陸時、モスクワの景色は、黄色一色だった。



 トランジッタ5時間、長~~い、
     
     それに とても寒くて~~懐炉を付けたよ。



国内線並みの「ベラルーシの首都・ミンスク」までの飛行は、
  1時間20分、  時差△1時間。

 予定通りの発着でしたが、
   
    空港は雨が降ってたようで、濡れています。

     どうも、小雪だったと 話す声が~~~~




今回の参加者;(男9・女7) 平均年齢76歳?

     こんな小さな空港で、外国人私達だけなのに、
    
       17名のチェックに 1時間も かかってる。



時計の針は、時差調整してam12時10分。

 日本は、10月14日am6時10分。


  モスクワより、まだ寒く、
  
   ホテル内にヒーターが無く、
    
    セントラルヒーテイングは、まだ、洗面所位で、
 
       とても室内まで暖まってくるほどではないし、
   
     湯もぬるいし、


 イッパイ着込んで、布団に包まるが、

  足の冷たいのが、温まってこなくて、
         
      寝付くのに 時間がかかってしまった。

コメント

ウクライナ・ベラルーシ・モルドバの旅 (其の1)

2011-10-29 04:42:44 | Weblog
書きながら、イヤイヤ書いてるのが判ってるので、

 読む人も面白くないと思いますが、真実です。


こんな旅でも、何か感じるところがあれば、コメント下さい。


 行けなかった国;

 「イラク」「北朝鮮」「パラグアイ」「ウルグアイ」「ボリビア」「ブータン」

 「アフガニスタン」「パキスタン」

 
アフリカでは、
 
 「アンゴラ」「ウガンダ」「ルワンダ」「モザンビーク」「コンゴ」「チャド」
 「二ジェール」「スーダン」「カメルーン」



   もう、しばらくは 海外旅行はやめましょう。


 今回の旅で、つくずくイヤになりましたから、

   今の所は、思い残す事は・・・

  
  南米の3ヶ国に行って 南北アメリカの地図を、埋めたかった。





     *       *       *





 平成23年10月13日(木)~26日(水)
     ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ3ヶ国の旅




ロシアから独立した国。
 
 7月に行きたかったのだけど、催行されず、
   
  行きたい気持ちが薄れてたのだけど、
    
    此の3ヶ国で、ヨーロッパ総ての地図が埋まるので~~
 

       行ったのですが・・・・



 ヨーロッパ最大の森林=ベロベッシュカヤ・プッシャ公園。

 中世の町並みを残す=リビィフ。

 “クリミアの真珠”=ヤルタ。

 黒海の港町=オデッサ。

    そして、秘境=モルドバを巡る14日間の旅。

    ____________


  旅仕度をしてても、嬉しい~~!!とか、
    
      胸が躍る!!とか、そんな動機がないから。



 
家を出る時、下の孫娘・理沙が手を振り、抱かれて・・・
  
   自分も靴はいて~~~と、動作して可愛い。

 
    ____________


    混んでたのだろうか~~?成田まで2時間かかった。


  エツ!!?  目が点に―――

私が参加したのは、ユーラシア旅行社。
  
   其の隣のカウンターで、ワールド航空の奥村さんと出遭った。

 
 「2004年南極圏の旅」の、私のグリープの添乗員で、
   
    こころ配りのいい、明るい好感の持てる女性で、
     
       いつまでも忘れる事のできないひとり。



  『いやあ~~大貫さ~~ン!!』
   
      互いにハグしあって・・・・

  
  
そう、あれ以来一度も会っていない。


  『私のグループのボスだったのよ―――
   
     鉢巻締めて、寿司にぎってくれたりして~~~』

 
 ユーラシアの添乗員に、私を紹介してる。


    そんな事もあったっけなあ~~~



コメント

なあ~~にも したくない。

2011-10-28 19:36:44 | Weblog


  (私の部屋、此の机からパソコンを打ってます。)


ウクライナの旅から戻って、今は何にもしたくない~~

 庭に行ったら、あやめの狂い咲き?
   
    一輪だけでしたが、咲いてたので・・・




 留守だったので、金魚たちもお腹が空いてたのだろう~~

  私が近ずくと近寄ってきて・・・・




    そろそろ普段の私に戻さなければ・・・・

     だらけた生活になってしまうので・・・



  明日から「ウクライナの旅」載せていきます。

コメント

ただいま~~

2011-10-26 21:02:30 | Weblog
2週間の旅から 戻りました。

 家にpm1時に着きましたから、あかすりへ行って、

  5ヶ月振りのパーマ掛けて、飢えてた刺身を食べに「魚幸」へ。

      美味しいね~~!

    

      やっと落ち着きました。


此の旅で、海外旅行は止めようと思ってた通りに、なりそうです。

 本当に つまらない~~面白くも屁ったくりもない旅でした。


   明日から 記載してゆきますが、

     写真の数も少ないです。



 今は、貯まってる書類を整理しながら、明日の予定を立てています。


 星野さ~~ン、手紙ありがとう。
   
   これから、読ませていただきます。




コメント

天橋立・宮津温泉で6日間過す・・・・(最終回)

2011-10-16 09:10:36 | Weblog

世久津バス停で 待ってても、まだ来ないので、
    少し先の「梅の里会館」まで、歩く。

 車の走りは結構多いけど、人通りは 全くナイ。

バスには、小・中学生が イッパイ。
  学校に到着すると、先生方が迎えに出てて、
    ひとりひとりに声を掛けている~~~

      先回見た先生も~~~

am8時14分「東舞鶴」行き 
乗り換え「福知山」まで @1890円、 1時間20分。

 「真倉駅」辺りでは、線路と並行して 澄んだ川が 流れてる。
   濃い緑の中に、真っ赤な彼岸花が 群生してて、



    刈り入れの終わった藁も高く干されてて~~~

      秋、たけなわ~~~

   群れから逸れてしまったのか~~~白鷺が1羽~~~

 「梅迫駅」 足利尊氏誕生の地。


 am10時31分、福知山駅到着。
   
  約2時間弱あるので、

       レンタ・サイクルで福知山城へ。 @300円。



 

  天正7年=1579年、
   
    洪水の町だった福知山に堤防を築き、
       
       由良川の流れを変え、

     町に税金免除の特権を与えて、商人を育てていた。


(天守閣から見た 街の一部)





 

 城内には、(豊磐井=とよいわい)
    
   深さ50m、==城郭内湛水井としては、日本一。
    
      海抜43mの地ですから、井戸の底は、海面下7mに。



1582年6月2日未明、 本能寺。

 光秀は、前日戦勝祈願に 愛宕神社に参拝し、おみくじを引いたら、
   
    3回続けて 凶、  4回目にやっと、吉、

     

  そこで、読んだ句
  

    “ときは今 天が下しる 五月かな”

    

   この辺のところは、皆さんご存知の通り。



 この時代の武士は、胡瓜を口にしなかったそうです。
  
    それは 何故?

    胡瓜の切り口を見て下さい。
 
  明智の紋=水色桔梗に、切り口が似てたから~~ですって。

  

よく、整備された街です。


             


 
 これから乗ります「宮福線」は、30,4km(北近畿タンゴ鉄道)
        
         「宮津腺」は、83,6km 舞岡=豊岡間。

 
   第三セクターとして存続してる、小さな電車ですが、
   
         見所も多く、退屈しない。

そんなこと言い乍も、
  いつの間にか眠ってしまい、宮津駅で車掌さんに起こされて~

   駅前には、ホテルの車が待っていてくれたので、
       それで帰ります。


  随分行って来れて、楽しかった日々でした。

 明日は又、来た時と同じコースで、帰ってゆきます。





コメント

天橋立・宮津温泉で過す・・・・6日間 (其の11)

2011-10-15 09:10:22 | Weblog
   9月29日 (木)


   島・半島の夜明け―――

 

 5時のサイレンの音と共に、

  出港のエンジンの音が だんだん小さくなる頃、

  海側が 少しずつ明るくなって、山の頂が赤味を増してくる頃、
  

     鴎のなき声も 増えてくる~~
   
        雀の鳴き声も~~虫の音も~~~

  
    海は、何事も知らないかのように、細かいさざ波が 立つ。



 6時、
 
    港に近ずくエンジンの音はまだ、聞こえてこない。


 6時40分、
  
    漁船のエンジン音が だんだん大きくなって~~
         
         港に動きが~~~

  直ぐ走って行ってみると、



「世久見定置網」の看板を掲げた冷凍車も 横付けされてて、









  
  あがったばかりの、
    
     鰆・シイラ・イナダ・鯵・かます・フグ・鯛・・・




   (鯵をくわえてるイナダも~~)


   (1m以上ある シイラは、つまはじき? )


   漁獲量もさることながら、

 作業に携る 若者達が 多いのには、驚く。

   
  どうして~~?
 
   『親がやってきてたから、引き継いでいるだけ』
     
  と、笑顔で返すけど、
   
        それだけでは、定住しようとは思わないはず。

 

 宿のご主人
 
   『僕らは、60歳から船に乗らなくて済むから~~』 と。


      上手に若い世代との 交代が出来ているようだ。





 7時、
  
    おかみさんが バス停まで送って下さる。

 
 トンネルの長さ720m、

   昔は 此の山を毎日越えて通学してたから、
 
     マラソン大会でも、此の集落の子供がいつも上位だったが、

 今は、
    車での送り迎えされてる ひ弱な子供ばかりで、ペケだよ~~

      自分の息子は、毎日自転車で通ってたよ~~。


  沸かしたお茶でさえ、2日も持たないのに、
   
    何故売ってるお茶は どうしてあんなに持つのかしら~~
    
         薬が入ってなければ 有り得ない~~

  

  ガソリン1ℓ=150円なのに、
      
       何故、お茶と 同じ値段なのかねえ~~~

    

      苦労してきた人は、やっぱり違うね。

今日は、
 
  「不破中学校」の研修生が9時半に来るので、
    
    準備で忙しいのに

  私のためにオムスビ、漬物、りんご、お茶まで用意して下さって~~
        ありがとうございます
 

 以前、大阪の中学生も扱ったけど、躾が悪く、
   
  靴は脱ぎっぱなし、鴨居やカーテンレールに、ぶら下がり
     
    とんでもない子供達で、叱ったけど、
  

  もう、2度と大阪の子供達は勘弁してほしい~~って言ってた。


世久津のバス停でお別れ~~~



コメント

天橋立・宮津温泉で過す・・・・(其の10)

2011-10-14 09:10:04 | Weblog



隣の集落「食見=しきみ」まで

 海岸沿いに遊歩道が続いてるので、歩いてみる。




そうそう 始めの頃は、そうだけど、



   途中から壊れたりしてて、道が無く、砂浜だったり、




 波が打ち寄せると、
      
     濡れるので、引いたら 直ぐ渡らないと~~~



  風が強かったり、荒れていたら 通れないね。




釣り人に出会ったけど、今日は ゼロだよと、話す。



  
   滝のように 清水が山から落ちてたり、


       
非常に変化のある 遊歩道です。






常神半島と 御神島と、烏辺島とが、1枚の写真に入ります。



 
     600島達成です。


 終点には、若狭の海に棲む魚たちの ちいさな水族館があり、
   
      無料で見られます。

 
 此処の魚たち、人に慣れてて 

   餌が欲しいと餌を与える窓口に入ってくるけど、




チョット大きい魚は、身体を横にしないと入れない位なのに、
    
    口を開けて待っているのだ~~~



 
  桜海老の小さいのが、20匹位入ってる餌 @100円
   
    それを買って、与える~~~


       う~~~ン 可愛い~~!!



    パクッ!  パクッ! 

      家の金魚たちを 思い出す。




  帰りは、上の国道を通って戻り、




   (コスモスが咲いてた)


   (御地蔵様?   道祖神? )


   (青空に トンビが舞う~~~)


   (歩いてきた遊歩道が見えて~~)


   (世久見の集落が~~~)

 
 集落で 天日干ししてあった 干物
 


   「カマス」と「鯵」を買って おみやげに。



今夜の泊り客、私ひとり。
  
   見晴らしの一番よい部屋に 通してくださる。




 夕食;食材は豊富だけど、常神の民宿の方が、腕が上。



   あおりイカの姿作りも、


  
     鯵、サザエでも、包丁の腕と味付けも・・・・


   (蟹じゃあないのに? 何故? ハサミが~?
      あおりイカを ハサミで切りながら~~~?)



  かあさんが、イカが好きな訳が やっと判ったよ。
  

   若狭・福井には、あおりイカが 沢山捕れていたんだね~~。




    夕陽が綺麗だぁ~~!!!

  




   (夕陽の中に【烏辺島】が~~~)




   此の集落では、60歳定年制。

   am5時、サイレンと共に出漁し、
   
   6時過ぎ、定置網から戻り
  
       午後には、港で 全員で網の修理。

  
    集落全体で取り組んでて、若い漁師が、多いと、おかみさんが話す。

コメント

天橋立・宮津温泉で過す・・・・6日間 (其の9)

2011-10-13 08:09:44 | Weblog
今日から26日まで、ウクライナ、ベラルーシへ 行ってきます。
 
 これで、ヨーロッパは総て 制覇したことになります。

 
  今回は、16日までの分しか 原稿がないので、
  
    10日間ほど、お休みさせてもらいます。



 いつも読んで コメント入れて下さって、ありがとうございます。


 
  海外旅行も、始めの頃は楽しくって、ワクワクしてたけど、

    今はもう、ありきたりで、感動がなくなってしまったので、

      これでお終いにしよう・・と、考えております。


  
    まあ、とりあえず 行ってまいりましょう。



      * * *


「敦賀」行きの列車で「三方駅」へ。

  「あおのごう駅」少し手前から、福井県。
  

   丸太をえぐり抜いて 天上を作ったのか~~?
     
     とっても豪華な駅ですが、下車する人は ゼロ。




各駅停車は、
  
 北陸の景色を 見飽きるほど ゆっくり走る。

 
  1本のビールが、眠気を誘い・・・zzzzz

     ぐっすり眠っても、まだ「三方」は 先。


12時32分着。
  
 先々週も訪れてるので、駅の様子は判ってるけど、
    
   乗継が無いので~~ やはり、レンタ・サイクルしかない。

       4時間  @500円
 
 乗り捨てにしようと思ってたら、
  
    「水月」と「三方」に限定されてて、それでは中途半端なので、
    

      どうしようか~~~?

  宿に電話したら、
   
   『あとから買い物に行くから、私が返してあげるョ』って、
    
        おかみさんが言ってくれた。

       

       嬉しい~~~


向かい風できついけど、
  
  梅街道を 五胡を 眺めながら、やっと「世久津バス停」


   (梅街道には 梅ノ木だけで、何にもなくて~~~
           少しだけ、 柿の実がなっておりました)

 
其処から上り坂が続き

  長~~いトンネルを抜けると、直ぐ【烏辺島=うべしま】が見えた。





 三角形のスタイルのイイ島。


   (トンネルの手前の道は、通行止めになっています)


此のトンネル、


 

   自転車ラインが無く 車道を走ったのだが、
  
      ライトを消して通過してくる車が多く、
  
     エンジン音が 壁に反響して、

   小さな車でも 大型トラックが走ってきたような爆音に~~~
  
  

      危険を感じ、早く 通り抜けたい~~~


 それでも、30分で到着。

   民宿;松美家  0770-46-1451

 

  常神まで来てたなら、其の時寄ってしまえばよかったのに~~と、
  
      言われてしまったョ。


   
朝まで無風だったのに、少し 風が出てきた。

  ご主人の操縦で出発。



  


  面積;0,06k㎡、 周囲;2km、 標高95m、

 

 山の中腹に弁天様が祀られているが、今は 道も無くなってて・・・
   
    水もないし・・住むことは出来ない。




 近ずくと、コンクリートで造られた桟橋があるが、





   夏 海水浴に訪れる人達のために作られたので、
    
    元々 あったものではなく、
   
 
      砂浜も、小さくなってしまった~~~と、話す。








常神半島、 御神島も、見えている。


   (奥の左が【御神島】、右が「常神半島」)





 集落に戻ってくると、港の広場で 網の修理してる男性達が~~
  

    『どこかの編集者かね~~ェ』



    気楽に声を掛けてくる。

 
          みんな 明るい。
コメント

天橋立・宮津温泉で過す・・・・6日間 (其の8)

2011-10-12 09:09:21 | Weblog
  明日から出掛けるので、あかすりに行って~~~

     もう、遣り残した事は ナイ。


 
 いつも、長期に出掛ける時は、

   もう再び此の家に戻る事はナイ・・・と、考えて

     総てを、整理して出て行く私。




    *        *        *





      9月28日 (水)

 
 am8時半のバスで出発するまで、40分余裕があって、
  
    ウトウトしてる内に寝入ってて~~
   


 気がついたのが8時22分、

  びっくりして、身の周りを整えて、エレベーターで~~


 身軽に歩こうと、ハンドバックを置いてきた其の中に
   
  隠し現金を入れてたのに気がついて
  
   再び、部屋に戻り取り出して~~バスに飛び乗る。


     ギリギリ セーフ。


 こうした緊張が続くと、背中にもの凄い痛みが走って、
     
     しばらくは、息が途切れてしまう~~~



8時58分発「西舞鶴駅」行き、1両編成に乗車、  @1840円
  

 「栗田駅=くんだ」
  
 「丹後由良駅=たんごゆら」 安寿と厨子王の里。


 9時28分着。
  

  乗り継ぎに1時間30分位ある~~  どうしようか~~?


    バスって手もある。  9時40分発で「東舞鶴駅」へ。



 
  国道27号線は、

    戦時中、万が一の時には、飛行機が滑走できるようにと、

       造られたので凸凹の無い、この地方では珍しい 4車線。



  東郷平八郎の屋敷が有った 中舞鶴。



   ・ ・・ドライバーさんが 小声で説明してくださる・・・



 「東舞鶴」は、城下町。

 「西舞鶴」は、海軍関係、
  
    此処の、造船所で造られた船 今、南極に行ってる“白洲”

 
  NHKドラマ“坂の上の雲”も、此の街で撮影したそうで~~




ロシアの船が 丁度入港してた。




 同じツアーの夫婦の奥さんが、
  
   『自分の父が海軍学校を出たので~~』と話かけてくるけど、
  
  

  人に関心が無いし~~~
    
       人の事聞いてると、大事な事聞き逃しちゃう~~~

 


 僅か30分の間に見所が多く、アッと云う間に「東舞鶴駅」


次ぎの出発は、11時40分まで無い。

  遊覧船を予定してたが、土・日・祝しか出港してないと云うし、

    
   駅には、若い海上自衛隊? 商船学校の生徒?



 
ロシアの船員達も・・・
   
    チョット大きく はみだすような水兵帽をかぶって・・

  
   とは、


    地元のお父さんが言ってた言葉だけど~~~





  皆若いし、溌剌してて、希望に燃えてるから、顔が輝いている。

    どこか 異国を訪れているような気分。

 

     結局、何処へも行かず~~~



コメント