魚河岸女将の地球探索(勝手に専務)

地の隅々まで 旅しながら ・・・

 終の棲家を探し・・・

   生きるって・・・

今日から インドへ

2010-06-30 06:18:57 | Weblog
 梅雨らしい朝です。









庭の木々も、池の金魚も、毎朝餌を求めてやってくる雀たちも 
 昨夜の雨が輝いてて 生気がみなぎっています。


ツバメの雛も随分大きくなりました。
 巣から顔を出すと 黄色い唇が大きくなったのが よく判ります。

 3日ほど前、パンの残りもあったので 
 
  雀や池の鯉にあげた残りを ホンのチョット入れておいたら~~
  

       偉いものです。
  
 食べずに イイエ、食べさせずに 下に 落としてありました。

   人間なら何でも 選ばずに口にするのに
  だから、自然界では医者なんか要らないんですね。


それともう一つ驚いた事は―――

 昼間はオスも雌も餌探しでしょうか~~~留守が多いですが
  夜は必ず戻ってきてて 巣の上で雛を見守っているんです。


      :        :


今日から7月17日まで
 インドへ「断食」「瞑想」の旅へ出ます。

  何か感じる事が・・得るものが・・・楽しみです。


戻った頃には、もうツバメも巣立っているかも・・・・・
 また来年、覚えてて舞い戻ってくるのを待ちましょう。


紀行文も中途半端にしていきますが
  戻りましたら 載せますので 待ってて下さい。


日本は梅雨が明け、暑くなりますから
  水を飲みすぎないよう 体調を整えて過ごしてください。

 
  水がやけに飲みたい~~!!って思うと
   必ず、一週間後位に風邪をひいたり、
     だるくなったり、
     体調が崩れます。

 
 水が飲みたい!! って 体が要求してるのは、
  菌が入って 微熱が生じて熱くなっている為なので
   余り余計に飲まず、食事も減らして体を休めれば
    知らぬ間に 治っていくものです。

 
 普通は体力がなくなるから~~って 
   
   そんな時ほど栄養を採ろうとするけど
  
     食べない事・排泄する事で早く快復してきますよ。



此の時期にしか作れない 薬??教えます。

 うがいに==梅酢
        グラスに適量入れて うがいに~~~
       喉の痛み・タン・舌の白くなったのを取り除きます。

 
 どくだみの花==花だけを摘んで焼酎に漬け込むだけ
          奄美大島や沖縄の人から 教わりました。
        トカラ列島で ブトに刺されたときも・・・
         痒みが全く無くなりますよ。
     花は多い方がいいので ギュッっと詰め込んで作ってます。

  
  医者にかからず、元気に毎日を過ごして下さい。

   またブログを再開できるのを楽しみに・・・・


    行って まいります。
   


 
コメント

隠岐の島 4島巡りの旅 (其の 1)

2010-06-29 03:24:48 | Weblog
  平成22年6月10日(木)~~12日(土)
  
      隠岐の島4島めぐりの旅


 6月9日夜10時半に家に着いてから 洗濯や片付けをおえて
    紀行文を書いて寝たのがam2時、

  目が覚めた時太陽がだいぶ高かったので 慌てて出発の準備に、

息子夫婦の食事を作ったり、洗濯物を取り込んでアイロンをかけ、

 パソコンを打ち始めたら眠気がおそってきて~~~
  眠ったら大変だ~~!!と考え

  早く家を出て、羽田に向かうバスの後部座席で横になって休む。

   よ~~~く 眠れた~~~ぁ


am11時30分、大阪伊丹空港から隠岐へと 乗り換え
  (隠岐空港利用促進協議会キャンペーン便) です。


セキュリティーで いつも使ってるキャリーバックがひっかかった。
 
 『枠の中に 自然に 素直に 通り抜けられないものはお預けに~』
 
 『月に 5~6回使用してるバックが 今までOKなのに
         今度はダメ!!とは どうゆう事なの~~?』
 
 『唯今計りますので~~~』
        と メジャーを持ってきた―――
 
 『取っ手の部分が2cm程~~~』 
 
 『凄い 几帳面なのね~~~私生活でもそうなの~~?
   
   3日前、チェックが入って黄色の紙が貼られ入場したけど
     
         OKが出てそのまま通りましたけど~~~ォ』
 
 
 そんなやり取りしてたので、上司を呼んで来て 再び測って 
   同じ事を言ってるが そんな事には耳を貸さず

 『サイズで引っかかるのがイヤだから
   
    新しいバックはもう買ってあるけど
     
      使えるなら古い方から使い切りたい~~~

    規則で徹底してるなら、それはそれで良い事だけど
   
        ○ ○搭乗口では ダメだけど
        ▲ ▲▲搭乗口では イイと云うのでは 納得できない

     だったら、
      
      他の搭乗口に行くからイイ~~~!!』

 
  と、別の搭乗口から入場。
    どっこもひっかる所なんか 無いんだもん。


大阪伊丹空港で一旦外へ出て、再び再搭乗・・・・面倒だけど
 
 「空港スタンプラリー」の捺印の必要があるので・・・
   まあ 時間の余裕があるからいいけど・・・・


pm2時20分、  島後・西郷にある隠岐空港へ。

  今日は満席、 クラブツーリズムで8割。

 今夜の宿は「ニューかじたに」 鞄を預けて各自OPへ。

私は以前 ブラジル会10周年に7名で来てるけど
 「沖ノ島」だけ渡島してないのが心残りで・・・・

   郵便局で捺印し、目指すは西郷大橋
         平成5年に開通した 真っ赤な橋。


島後の面積121,96K㎡・人口全島合わせて10000人位だそうだ。
   
   歩いて回るには時間が掛かるので、
    自転車屋さんのお父さんにお願いして借りる。

   『30分ほど貸して欲しいので~~~』

久し振りに自転車を漕ぐ。
 10代の頃は、実家の仕事上一日中荷物を載せて走って
   何十km走った事だろう~~~

    いまでも充分走れる・・・けど


西郷大橋から眺める景色、西郷湾に行き交う船も~~~
 まだまだ走れるから
   「玉若酢命神社」==駅鈴のある神社・・此処も来たな~~ぁ



西町に入る角に「かっぱ大明神」が・・・
 八尾川沿いに住む唐人屋九兵ェさんの畑のキュウリを盗みに来るので
  懲らしめたが、
   他の人にも悪さをするので
  『唐人屋だあ~~!』 と声を掛けると
    恐れをなして逃げて行く~~~と 立看板に書かれてました。


今は寂れた町ですが《風待ち海道》として 栄えていた頃も~~


 当時、大阪から装飾品を仕入れた隠岐北前船は
    新潟で 米と交換し
    酒田で 酒と・・・
    北海道で ニシンと・・物々交換しながら航海してたそうです。

   鉄の道==鉄道
   海の道==船
  空の道==飛行機



コメント

早朝の散歩 と ツバメの誕生

2010-06-25 07:01:03 | Weblog
家に居る間を活用して、孫娘・真理恵との散歩は
  朝 5時半~~1時間、いろいろ見て 話して 走って~~~







昨日24日は、川崎北部市場の裏にある大きな公園へ 出掛け、
 此処は 「風ちゃん」と散歩した思い出のイッパイあるところだけど






やっと、
  
 2人で「風ちゃん」の話が、涙を流さず話せるようになりました。
 
  『真理ちゃんの手袋を取ってって 
    
    『返して~~~っ!!』って言うと
    
    『取ってみな~~っ!!』って逃げていくし

     『もう~~イイ!!』って知らん振りすると
     
     『真理ちゃん~~手袋は~~?』って追ってくる

    真理ちゃんの手に戻ったときには も~~う~~
   
      枯れ芝や泥が イッパイ付いてて 使えない~~


  風ちゃんって、甘えん坊で、いたずらで 可愛かったね、専さん』


 

 家で朝食を食べたいとの 希望で 私の家に立ち寄ったので、


 数日前、車庫の掃除をしてる時、

  ケヤキの葉の中にウズラより少し小さい殻を見つけたので
    
    内孫の千穂ちゃんに見せたのですが


今、それが小さな可愛いツバメの赤ちゃんに・・・・



  折角写真を撮ったのですが、高い所なので
   
    バイクを運んできて 其の上に載って映したので 

        チョットボケていますが・・・・・


  
   (巣の中を覗いたら うぶ毛がイッパイの雛が 5羽・・
     餌をくれるのかと 大きな口を開けて・・・・)


   
   新しい命の誕生を・成長を 喜んでもらえれば・・・・

  


コメント

秋田県へ ジュンサイ刈りに (後編)

2010-06-24 04:25:26 | Weblog



舟を漕ぎ出したころは珍しさもあって 口を利いてたけど、
 慣れてきたら 無言・・・・ 採る事に気が入って・・・

  だんだん要領が判ってきたし・・・

右手で「ジュンサイ」を採り、左手に貯えて・・・バケツに移す・・

  お客様の数も増えてきたかな~~ぁ?



   話し声が多くなってきたけど、私は夢中で・・・


pm12時
 『食事の用意が出来ました~~ぁ』 の声で
   水中に浸してた右腕を出したら~~~ぁ ふやけてる~~~ゥ

 それでもバケツにイッパイ!!
      『 よく 採れたわね~~~ェ』

手打ちそば@500円
  土・日なので誰にも応じてるけど、一応予約制。




 此処のおとうと おかあの手作りだが、だし汁が・・・私は 好かん。
  何故?
   鳥モツの出しなんだもん~~臭いんだよ~~~ォ

 真緑の「ジュンサイ」が沢山載ってて それだけは食べたけど・・
       残した~~~ぁ

持参のビール2本と子持ち昆布・それにイカ明太子で 満足。


 午後1時、やっぱり午後までやる人は居ないね―――

  だって~~ェ
お昼終わった時、舟の中で座りっぱなしだったので
   体が固まって動けず、
 「舌きり雀」に出てくるお婆さんだったから・・・

   エツ? どっちの??

    そりゃあイイお婆さんよ!!

 
私もどうしようかな~~~?


此処から「森岳駅」へ出て、
其の先の森岳温泉までタクシーを頼もうと思ってたら
 おかあさんが 送ってくださると云うので
  午後からはお母さんの都合の良い時間まで  やる事に~~~




皆 和気藹々で楽しそう~~~ イイ雰囲気です。





   陽射しは高く、久し振りの春の陽気になったと 
おかあさんが言ってました。


pm2時、採った「ジュンサイ」を5つのビニール袋に分けて
 持ってきた新聞紙で包み、アイスノンを入れてくれたので 助かった


  安部農園==0185-83-4236 開園am9時@1500円


「森岳温泉」=ゆーぱる 0185-83-4641

昭和27年、石油発掘中 田んぼの中から突然湧き出した温泉は
 塩分濃度が高く、ショッパイ・・・と感じるくらいで
  アトピー治療に効能があると云われ、通ってくる方が多いそうだ

 入浴料@300円 ナトリウム・カルシウム塩化物質 59,4度

深夜バスまで時間があるのでゆっくりしようと考えてたが、
 休憩室が少なく、地のオジン・オバンの集会場化してて・・・

pm4時22分のバスが有るというので、
バス停まで歩き 待ってたけど~~~ 来ない~~~




   土・日・祭・運休って書いてあるじゃあ~~ナイか~~
    確認もせず 教えやがって~~~

 散々云うだけ云って タクシーの手配をさせて・・・@1080円

 次の列車pm5時38分特急となり@820円+@500円の特急券
   こうゆうのが損したな~~~って思うんだよね~~

  風呂も入って疲れも出てきたし・・・やすみた~~ぃ

秋田駅に着いて
  夕食は何を食べようかな?と 近くの「さかなや道場」へ行ってみた

 私よりチョット早く看板を見てた女性も入ったので
   其の後ろから入って 通されたのが其の女性の隣、

  『私に釣られて入ってきたのね~~~』
  『私は 人に釣られない!!』 切り口上で返す。

学校の先生だったようで 隣席の男性との会話が盛り上がってました。

 「さかなや道場」チェーン店だからとバカにしてたが
   天然ものヒラマサ・マグロもいいものを出してるし、
  きりたんぽ も柔らかく美味しく、精算したら? 安い~~~!!

  満足感――― お腹も 懐も―――


外はやはり夜になると 冷えてくる。
 ズボン下をはき、懐炉を着け 長袖の上着を補い
    pm10時20分発のバスを待つ。

帰途のバスはすごく混んでいたけど、6日朝6時、新宿着。

  採ってきた「ジュンサイ」は娘や友人に分けて 

    初めての食べ方・・・天麩羅にしていただきました。


コメント

秋田県へ ジュンサイ狩りに  (前編)

2010-06-23 00:39:37 | Weblog
平成22年6月4日(金)~~6日(日)
  秋田県へ 「ジュンサイ」を採りに~~


一度「ジュンサイ」狩りをやってみたいと思いツアーを申し込んだが
 遂行されず、―― だったら一人で行こう―――と組んでみたら
  却って安く上がりそう~~~
 
   ツアーだと行った所にも又いくし~~~
  
       新幹線を使わず 夜行バスで

    新宿pm10時10分発で、秋田駅に5日の朝6時着。

 新宿ハルク前だと聞いてたので 行けば分かるだろうと~~
  それでも、30分前に着いて探したが
 余りにもバスの数が多くて 誰に聞いても????

 チケットの番号に電話したが、バス会社に問い合わせて下さいと
  テープが流れるだけ―――
   バス会社の電話番号なんか 載ってないじゃン―――

階段を上ったり下りたり~~~あと5分しか無いじゃン―――
 
   あせってきた・・・
 
   運転席に座してたドライバーさんの窓を叩いて聞いたが ???

  それでも親切に下車し、調べてくれたのでギリギリ間に合った――


何のことはナイ
 さっき通った時、待機してた人に聞いた停留所だったのだ―――

    それでも 間に合ってよかったぁ~~~


夕食は鷺沼にある「彩=いろどり」
 息子のお客さまのところで 特上すしとビールをいただいてたので
   すぐ眠りにつけた。


長距離バスは、友・石川さんと三陸鉄道の旅をするので「八戸駅」迄 
  乗ったけど、久し振りだな~~~

   設備が整って清潔、途中下車はさせないけど
     快適なので ぐっすり 休めました。

夜が明け、運転席が明るく見え始めたら、小雨が降っている・・けど
 空が高いし、雲が切れているから あがるだろう~~


 時間の余裕があるので駅構内を散策し、

   奥羽本線am6時33分発 「森岳駅」7時20分着 @820円


奥羽本線沿線は[あきたこまち]の生産地でしょうに
  田んぼを埋めて畑にしている地が目立つ・・
 緑と茶色のパッチワークのようで 見た目美しいけど
  また、米不足の時代を迎える日が来るのでは~~~~~



  
    雨が あがって陽が差し始める。

 ・・・・後で 知ったのだが
 
  政府からの御達しで、減反にして米の収穫を減らす為だと~~
  
 ・・・・そう・・・
  
  守らないと後でいろいろ大変なので~~と 話してくれました。


「森岳駅=もりたけ」に着いて

 


 駅前に マーガレットが沢山咲いていました。


今日の行動の為 バスと電車の時間を確認してから 歩き始める。
 《金光寺》を目指して~~~


いずれにしても行き過ぎないように、早めに次の目標物を確認。






明治14年9月14日 明治天皇御巡幸の際、御休止された
「信太儀右衛門宅」の跡がありましたが 今は公園に―――



だいぶ歩いた気がするけど  まだ8時チョット
 曲がり角が多く、標識もないので 出会う人に聞きながら歩く――


やっとバイバスに出たものの さあ~? 直進~?? 左折~~??
   交差点で車を止めて 聞く。

 『金光寺というお寺は どっちへ行けばいいでしょう~~?』
 『お寺は ナイヨ、 集落の名前だよ~~』
 『安部農園さんへジュンサイ刈りに行くんですが~~~』
 『 う~~~ん 教えにくいなぁ 歩いてだとだいぶあるよ~~~
     よかったら 乗って~~ェ』
 
 『エツ? ありがとうございます』

安部農園さんの自宅まで送ってくださった方 渡辺さん
  此処とはお知り合いだったようで~~~

  兎に角よかった~~ 8時半着 

    ありがとうございました。

『ィやあ~~ 送ってげれた~~ン  えがったな~~ぁ』

 農園までは お母さんが途中寄り道しながら送ってくれた。







9時 小船を漕いで~~~??
 エツ? どうやったら走るのよ~~ォ

 棒1本、左に刺すと右へ~~~、右へ刺すと左へ~~~

   直進は ナイのかぁ~~~?


ふと、お母さんを見ると前進してるではナイか~~~~!!

   解かった~~!! 前に刺して動くんだ~~~ぁ

お母さんが私に教えようと 近かずいて来たものの もう OK!!

  『飲み込みが いいねえ~~』
  『万一落ちても浅いから立てるけど、船の乗り降りの時だけは
    気をつけてね~~~』

 それからは もう 一人・・・・



  

コメント

松之山温泉2泊3日の旅

2010-06-22 20:24:24 | Weblog
 平成22年6月20日(日)~22日(火)
  
  新潟県十日町市松代に在る 松之山温泉・ひなの宿千歳へ
    2泊3日 クラブツーリズムで行ってきました。

私もとうさんも 大好きなお宿なので、個人でも行きますが
 ツアーで安い時は必ず 行くようにしてる宿です。

 
  今回の旅は、もう一つ目的があったことも楽しみでした。


と、云うのは
 
 “人は食べなくても生きられる”
   
   の著者と 松之山温泉でお会いできることだったからです。


夫婦で御世話になってる整体の宮本先生が、
  貸してくださった本を読んで連絡したら
 新潟・越後湯沢から山の方へ入って~~~ウーンと
  面倒だから
   だったら丁度松之山温泉に行くので~~~ と

 
   ―ーー お会いしました―――


 お宿のお部屋で、ビール飲みながら・・・・
  
    4時間近く 話は尽きませんでした。

 私も変わった生き方してるけど
  彼も又、自分を持って、揺るがない信念を抱きながら
    精力的に生活しているのには 共鳴する所がありました。


是非、刈り入れの時期にお尋ねし
 私も刈り入れの作業をやらせてもらおうと、約束し


 新潟県は、春の木の芽が出る頃の山菜取りも楽しみだし
     田植えもやってみたいし~~~
      秋のきのこ採りも~~~~

  日本三大薬湯(草津・有馬・松之山)に浸り
   何もせず 3日間過ごし鋭気を養ってきたので

  
   又明日から 何時ものように活動しますよ~~~







コメント

ランプの宿「高峰温泉」へ一泊の旅・・・・

2010-06-20 04:52:08 | Weblog
 6月は17日が一日だけ空白だったので「あかすり」へ行って
買い物は前日、早い帰宅だったから済ませておいたので
 
 親友・ポン友・・トシチャンの所へ~~~

ポンポンポンポン・・と弾む会話と 専さんを迎えてくれる・・・
 字や言葉では言い尽くせない・・・

 此処には本当の安らぎ・・と 美味しさがあるのだ~~~ぁ

私の総てを知り尽くし
 『専さんが来る~~~』と決まったら作ってある料理

 キンピラ・ぜんまい・漬物・刺身・焼き物・あわびの煮貝・・
 
 どんな名旅館と詠っている宿であっても

     絶対~~~イイエ120% 適わない。


此の夫婦 バツイチ同士の ハシリ~~

 何となく私が仲人みたい~~
  後からトシチャンが言ったから そう思うだけで~~~

   今は ものすご~~い 幸せ!!


年齢がそれなりに訪れて、

 いつかそれとなく出逢う 男と女が表れるなら・・表れたなら・・

   こんな夫婦っていいなあ~~~と 思う。

女は、言いたい事を言い やりたい事をしてながら 働かず、
 
 男は、夜中から働いて女のために尽くし、
  飲みたい 食べたたいものは、
      女がいつも手作りのものを用意し、

 お買物・お付き合い・お出掛け・旅・・・
  総て 女・男が 合うことで実施され


    女は、強く威張ってるが、
  
    男は、いつも優しく 綺麗にしてる。


 だからって互いに無理してるわけじゃあなくって
  自然体っていうのが~~~多分私が居やすいのかも知れない


バツイチでもこんな結婚相手に 出会うこともあるんだね~~

私の長男も、生まれた時から「再婚の相」を持っていたから
 初婚の際 嫁さんには伝えておいたけど・・
  何年経ったのかな~~ぁ   やっぱり!!

今はそれぞれバツイチ同士の生活を築いてるが
 息子を見てると、
  とても、今 幸せ!!!だろう~~と 私でさえ判る。


 自分の好きな事を仕事に取り入れ、
  妻の好きな料理は総て自分で作って食べさせ
    何処へ行くのも一緒
 
   初婚では見せた事も無い、優しい態度・・言葉・・・・
    
     幸せ・・・だろう と思う・・・
 
彼は自分が幸せだから、他の人にも同じように対応してくれる。


 そんな事考えた時、

私の夫も同じように、私とではない別の道を選択してたとしたら
 もっと違った 幸せな道を歩んでいたのかも・・・・

    その代わり 私は????
  

      今の自分は無かったでしょう~~


こんな事を

  標高2000mに湧く「ランプの宿・高峰温泉」へ行く

     長野新幹線の中でフッと 脳裏に浮かんだので・・・

  夫と『鯉コクを食べに行こう~~』と佐久へも来たので
     
     何となく思い出したのかも知れない・・・・


     

 文章を書かず、写真だけ載せます。


  新幹線で 佐久平で小海線に乗り換え「北中込」で下車し
佐久市美術館へ  

   作品の一つ

 



    
単線です

傍に「吉沢学園」があり、部活でランニングする姿が・・・


   若いって 素敵!!! です~~    格好 イイ!!
 
 
  


     


  一夜明けて 19日の朝 雲海の下に 町並みが・・・


  カラマツの林が・・・・

  
 小諸駅から歩くと 大手門が・・・
3年間かけて 今年修復が終わり公開されたばかり



 
北国街道


 島崎藤村夫妻が7年間住んで使用してた井戸は まだ健在です。




水車小屋も・・・・
 


コメント

1泊2日の 姥湯温泉の旅

2010-06-16 22:01:45 | Weblog
  山形県最高峰に立つ秘湯の宿・

標高1,300mの高地にあり、宿の周りは奇岩が聳え立ち
 絶壁に三方を囲まれてて 白濁した露天風呂から望む風景は、
  荒涼とした雰囲気を持つ 《姥湯温泉・枡形屋》
 
冬には閉鎖される「秘湯の宿」なので 行ってみたいと思ってたが
 年中出掛けてる私に合う日時が少なく 延び延びになってたのが

 やっと実現したわけです。

    使った会社は クラブ・ツーリズム


6月15日(火) 
 東京駅10時20分発で福島駅へ、
 福島駅で奥羽本線に乗り換え、


あの有名な【力餅】を首にかけて 駅構内へ売子さんが来る




 峠駅で 下車。





   (茶店では、【力餅】や冷やしトコロテンも・・・)





後は 宿からマイクロバスがお迎えに来てくれるので~~~
    pm3時には宿に到着。

 雨・・との予報でしたが、晴れてて新緑がとても美しく
  登りが続く道は 交差するのが大変な位 細いですが
   沿って流れてる渓流も美しく
      緑の匂いが車の中まで 入ってきます。




冬には3mもの雪が積もるので 11月後半から4月位まで 
  閉鎖になるそうです。

 今でも、熊、猿、カモシカが道をふさぐ事も・・・・


     

    (一番高い所が 姥湯温泉の御宿です)

 マイクロバスも宿の前までは入れないので 歩いて吊り橋を渡り


 

  荷物は別の乗り物で 宿の前まで運んでくれます。

     
   (赤いリュックは たまたま 私のです)
 

      


     
   (混浴の露天風呂です)



   (女性専用の露天風呂です)
  写真撮影は禁止なので 誰も居ない時に写してきました。


夕食は、鯉の旨煮や山形牛や 山菜料理が沢山出て 美味しかった!!

 そう、此処は電気が来てないので、自家発電なので
  9時消灯・・・という前に 7時には寝てましたけど・・・



明けて今日、

  昨日から雨が降ってたようで 傘を差して露天風呂へ。

 朝食を負え
   
   10時に、

 此処まで来る途中にもう一箇所の温泉【滑川温泉】で入浴とランチ
 
  車なら10分位ですが

    私は 歩いて行く事に~~~
  
   そうしたら もう一人女性が『自分も~~』と云うことで

 2人で 8時55分から歩き出しました。

     


   雲海が広がり~~~



  
 何時もの事ですが 彼女は5分もしないで私にはついてこれず
  ひとりで 走ったり歩いたりして分岐には40分で到着。






  

   一番高い所に見えるのが 滑川温泉です。

 
 2日間 泉質の高い2箇所の温泉でゆっくりできて よかったぁ~~



久し振りに明日は家に居りますが、


又 あさってから
  信州・上信越にある 標高2000m雲上の温泉
   ランプの宿・秘湯・高峰温泉へ一泊で行き

  20日~~22日は 

大好きな【松之山温泉・ひなの宿・千歳】へ行きます。


コメント

愛知県の島・日間賀島・篠島・佐久島の旅から

2010-06-15 03:36:44 | Weblog

(日間賀島の桟橋)



  (海岸通りに 青海苔の収穫を終えた網が 干されています)



愛知県の島へは、私個人で行ったところと


  (佐久島の 大島)


  (佐久島の町並み・・・奥の方へ行くとアートに変わった
         町並みが 広がり

    最近は 若い世代が渡島してくると 話していました)



  (佐久島へ渡った時 泊まった宿・・・
    知識が無く、佐久島の役所で教えていただいて
     女性一人なら 綺麗だし此処がお勧め・・・と紹介され

   今でも、佐久島の役所から定期的に出版物が送られてきます)
  

 とうさんと「ふぐ」を食べようと行った日間賀島・篠島



  (篠島の桟橋)



  (篠島と陸続きになってる 中手島)

    
13日と14日とで行ってきました。

 

   2人で泊まった宿へも寄ってきたり



  (日間賀観光ホテル・・・の玄関)

  
  女将さんが覚えてくれてて、御茶を入れてくださって
   
 御土産に
  
  『祭壇にも捧げてくださいね』 と
    干物を持たせて下さった・・・・・

 
 もう居ない・・・とうさんとの思い出の場所に行くと
   忘れているつもりだけど・・・涙が込み上げてくる・・・


  喧嘩しても、やっぱり夫婦っていいもんだと思う。

  
   どんなに心が通っている人達・友人であっても
    とうさんのようには いかないモンね。


 6月30日命日。

  


     *         *

 今日から山形県の「姥湯温泉=うばゆおんせん」へ行きますが
  明日戻ります。

  久し振りに17日は 家に居ります。

コメント

笹倉温泉2日間の旅 (後編)

2010-06-10 00:03:01 | Weblog
   5月31日 (月)


  何時も通り 目が開く、 すぐ【千寿の湯】へ

      
   (宿の前に温泉地蔵と謂れが書かれた立看板がありました)
 

 その後 5時から山頂へ向かって歩き出す。 水が豊富です。



  
  滝・水路・からドッドッドッドッと轟音を立てて流れる。



 
  見上げるとあちら此方に真っ黒になった残雪が~~~


  

誰も取らないから伸びてしまった タラの芽~~~
  取ろうかな~~と 横目で見ながらも 足はどんどん山頂へ。


   夜が明け始め、山の頂の雲も青空の中に溶けて 
      山並みを引き立たせてる
 
 棚田にも逆さ富士のように山姿が映され、



  遠くの道に軽トラックが1台 走っているのが見える~~


途中キャンプ場もあり、立看板があり
 《山菜を採らないで下さい~~育ててるので~~万一見つけたら》
   とあったけど、自分の食べる位なら構わないでしょう~~と
    自己判断して、わらびを摘んでくる~~

    いただきま~~~す  ありがとう


水源地まで登り、私の足で30分
 まだ、陽は上がってこないが 下の方の町並みには陽が差し込んでる。


   今日もいい天気だ~~
      何度お風呂にはいったことだろう~~~

朝食も温泉で炊いたご飯と湯豆腐や おかずも少しずついろいろあって
 お代わりしました。

   晴れ上がった青空の下、
     露天のつぼ湯は、瀬戸のホウロウ焼きとか~~


  

     気持ちがイイ~~~!!



am9時50分出発し、標高1100mにある秘湯【燕温泉=つばめ】へ。

 地図を貰って「親不知・子不知海岸」や「姫川温泉」「白馬」など
  やっと一つに繋がった・・・部分地図だと全体がつかめない。

今日は晴れてるので 日本海も青々として、波静か。
 
   山藤や桐の花が満開です。


【燕温泉】は岩ツバメの群生地なので、此の名が付いたそうで
       上杉謙信の隠し湯でもあるそうです。







到着して――エツ? 此処 来た事がある~~~
  妙高山へ登った帰り道、汗を流すのに立ち寄った・・・・

  2つの露天風呂があるが、


    (惣滝)


1箇所は、「日本の滝100選の惣滝」の近くの鉄橋を渡って



  下った所にあるが、
 
   支え岩の1つが崩れ落ちた為 残る大岩が危険なので
    今は温泉を止めてるそうで 皆がっかりして戻って来ました。


私は「ウド」だと思ってイッパイとってきたら
 ビールを買ったお店の老夫婦が
  『それはウドではないので 食べられないわよ』
  『天麩羅にしようと思ったのに~~~』
 気の毒に思ったのでしょう
 
  わざわざ庭にあるのを採ってきて私に下さった~~ありがとう!!


日帰り入浴の「岩戸屋」さんでランチの蕎麦を~~不味かった~~ぁ
   麺も汁も~~~
   珈琲も@400円 マックで@100円の時代に~~~~
     これじゃあ廃れる訳だよ~~

  此処の風呂PH6,6、出発まで時間があり過ぎ~~~
   それと~~感じの悪い宿、こんな所に長く滞在したくないね。

 周りの宿も、みんな閉まっちゃってるくらいだから~~~


又、帰途のバスの中で飲むビールを買いにさっきのお店に戻ると
 
 『お父さんが山へ行って採ってきたので どうぞ~~』
 『エツ!! ほんとう~~? 嬉しい!!ありがとう~~』

   さっきより沢山のウドを採ってきてくれて・・・

 
 ビールも余分に買って、トシチャンへの御土産「きくらげ」も
  気持ちが嬉しくって・・・・
 
   『又来たら寄ってくださいね~~』 と お母さん。


pm2時20分を20分繰り上げて出発。
 
   最近天気が悪く、快晴は今日だけだったそうで
   【黄金の湯】も5月22日オープンしたばかりと
      好条件が重なったようです。

休憩で立ち寄った【南地獄谷温泉・黒泥湯温泉】@500円
 真っ黒い噴煙の湯の花がイッパイ・・・・
  20分で入ろうとするんだから・・・・
   私ともう一人の男性のみ。


 高速道路からの眺め、妙高、黒姫・・そして周りの景色・・・
  緑が濃く、青く澄んだ空に 白い雲が・・・・

   ヨカッタ~~~ぁ 来て~~~





コメント