居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)ブログ

居宅介護支援事業所は現在たった1人のケアマネージャーが奮闘中!活動の様子や日々の疑問をぶつけます。

2018. 10 『居宅介護住宅改修(介護予防住宅改修)』

2018-10-05 07:00:00 | インポート

生活環境を整える為の住宅改修に対し、20万円を上限として費用の7~9割が住宅改修として支給されます。
(費用が20万円かかった時、自己負担1割の場合は2万円、2割の場合は4万円、3割の場合は6万円が自己負担額です)

介護保険の対象となる工事の例

・手すりの取り付け
・段差や傾斜の解消
・滑りにくい床材、移動しやすい床材への変更
・開き戸から引き戸等への扉の取り替え、扉の撤去
・和式から洋式への便器の取り替え
・その他これらの各工事に付帯して必要な工事
*屋外部分の改修工事も給付の対象となり場合があります。

住宅改修のサービスを受けるには、要介護認定を受けている事が前提となります。
工事の前に保険給付の対象となるかどうかを、ケアマネージャーか市町村の窓口に相談しましょう。

コメント