居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)ブログ

居宅介護支援事業所は現在たった1人のケアマネージャーが奮闘中!活動の様子や日々の疑問をぶつけます。

2018. 5 『歩行障害』

2018-05-05 07:00:00 | インポート

歩行障害とは、高齢者に代表される運動障害の一つであり、日常生活にさまざまな障害をもたらします。 60歳以上の高齢者の15%以上が、なんらかの歩行障害を自覚していると言われており、要介護者の場合は、さらにその割合が高くなります。正常な歩行動作には、脳・関節・筋肉・心臓・肺・視力など、多くの複雑な相互関連が必要であり、『一人で歩けるかどうか』は健康のバロメーターとしても考えられています。加齢に伴う機能低下は歩行障害に直結する事が多く、歩く回数が減る事により、新たな機能低下を生み、軽度の歩行障害が結果的には重度の歩行障害・健康障害を招く悪循環に陥ります。また、「昨日までの歩き方となんとなく違う」という急な歩行障害には、脳梗塞などの疾患が潜んでいる事があり、特に注意が必要です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018. 4 『介護報酬改正』 | トップ | 2018. 6 『地域ケア会議』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事