居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)ブログ

居宅介護支援事業所は現在たった1人のケアマネージャーが奮闘中!活動の様子や日々の疑問をぶつけます。

2018. 4 『介護報酬改正』

2018-04-05 07:00:00 | インポート

今回の介護報酬改定に伴い、居宅介護支援事業所の管理者は主任ケアマネジャーに限定される事となりました。ただし、一定の経過借置期間(3年間)を設ける事とされています。

医療機関との連携の強化を促す、入院時情報連携加算と退院・退所加算は要件が改められ、日頃から主治医と情報を共有しておくことも求められています。また、特定事業所加算の見直しにも、医療機関との連携を深める視点が含まれることとなっています。

居宅介護支援事業所が担うべき最低限の役割は今より多くなり、運営基準の改正により、訪問介護の生活援助を多く位置付けたケアプランを市町村に届け出ることや、障害福祉の相談支援専門員との連携に努めることが義務化されることにもなっています。

公正・中立なケアマネジメントを確保する観点から、利用者や家族にあらかじめ説明しておくべき事も増え、今後、益々、介護支援専門員としての力量が問われていると感じています。

まずは、主任ケアマネジャー資格取得を目指し、頑張りたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018. 3 『成年後見制度』 | トップ | 2018. 5 『歩行障害』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事