医務室通信

田平ホームの美人(?)看護師が綴る健康情報とお知らせです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018.10

2018-10-01 07:00:00 | 日記
誤解①水虫には消毒が効く
誤解②水虫というのは、足がじくじくしたり、水疱が出来たりするものだけ
誤解③爪水虫は、塗り薬を塗れば必ず治る

 身近な病気である水虫ですが、間違った知識を持つ方も多い病気でもあります。
 感染する経緯として、水虫の方の皮膚がはがれ落ち、それが別の人の足などに付着するというのが一般的です。お風呂マットなどが1番移りやすいですが、皮膚についてもすぐに感染するわけではなく、48時間以内に洗い流せば、水虫になることは、まずありません。付着した皮膚は、取れないので、しっかり洗い流す必要があります。
 白癬菌は、真菌=カビですから消毒は意味がありません。真菌を無くす為には、出来るだけ乾燥させ、合わせて、太陽の光に当てると良いです。
 部位の割合を見ると、足66%、爪18%、手3%、その他の割合で頭や顔にも症状が出ることもあります。水虫だと自己判断して、市販薬を使用せず、「水虫かも?」と思ったら、恥ずかしがらずに病院を受診されることをお勧めします。
コメント