旅カフェ・まちあるき

時代を超えた旅に出よう

おもろい大阪の案内人 たけちゃんの四天王寺・極楽浄土の庭で抹茶ツアーに参加しました。

2018年11月07日 14時47分12秒 | まちあるき
こんにちは  
今日は早くも立冬ですね。
今回の記事は今年の5月に参加した「たけちゃんのツアー」です。

5月24日(木) 待ち合わせ 14:00 地下鉄谷町線四天王寺前夕陽丘駅4番出口
         参加費   1,000円
季節が過ぎてしまい・・・記憶を辿りながら書いています 


この日は友人と参加 天王寺で昼食を楽しんでから待ち合わせ場所へ・・・
14時までには、まだ時間もあり四天王寺さんの境内で涼むことにしました。

私達 大阪府内に住んでいるけど 四天王寺さんは初めての参詣です。
久しぶりに会うので話に花が咲き、気が付くと待ち合わせ時間 ギリギリ
慌てて たけちゃんに電話して
なにわの伝統野菜 お漬物で有名な西村さんの前で落ち合いました(笑)



田辺大根・天王寺蕪・大阪しろな・泉州水なす・毛馬胡瓜など
たけちゃんに教えて頂くまでは あまり気にしたこともなかったのですが こんなお店もあるんですね。




色々試食させて頂いて たけちゃんお買い上げ~~(笑)

そうそう、ツアーの参加者は3名です。
よろしくお願いします。
いつものように自己紹介をして、四天王寺さんへ
私達 初めてだとお伝えすると たけちゃん 丁寧に案内して案内して下さいました。




こちら金剛組さん創業のきっかけは、聖徳太子が依頼した四天王寺の建設で、百済から招かれた宮大工の1人、金剛重光によって創業
寺社仏閣の建築・修繕などを専門とし、1,400年余の歴史を重ねる日本最古の宮大工の専門会社
お話を聞くまでは知りませんでした、へーほーです(笑)


四天王寺さんて とにかく広いって印象で 南北一直線に並ぶ伽藍配置は四天王寺式と呼ばれ創建当時のままに再建されています。
甲子園球場の3倍あるそうですよ 













さすがに聖徳太子ゆかりのお寺とあって奈良の法隆寺をおもわせるような感じがありました。
毎年21日の大師会と22日の太子会は四天王寺の縁日で、露店も多く並び庶民の太子信仰の寺として親しまれています。

では いよいよ極楽浄土のお庭に行きましょう 



四天王寺の境内には、『極楽浄土の庭』と呼ばれる広さ1万m²の池泉廻遊式庭園があります。白道を歩いていくとやがて極楽浄土にたどり着くという「 二河白道 (にがびゃくどう) 」のお話に基づいてお庭が作られているとか。





新緑がまぶしい~美しい~~こんな庭園があるなんて知りませんでした 穴場ですね 
今頃は紅葉が素敵かも!?



四天王寺 極楽浄土の庭「和松庵」松下幸之助氏により寄進された茶室です。
住所:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目4−20
時間:9:00〜16:00 ※不定休
お抹茶付き和菓子セット 400円 (四天王寺門前の総本家釣鐘家の釣鐘饅頭)





写真の通り お客様は私達だけでしたよ~~貸切ですね 
とっても静かで ゆっくりお茶を頂きました。
昨今 どこに行っても人でいっぱいだけど 都会?の片隅にこんな癒される空間があるなんて・・・・
たけちゃん ありがとう 感謝・感謝 




たけちゃん また楽しいツアーを組んで下さいね
ありがとうございました。








『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 明智光秀ゆかりの地・・・福... | トップ | 笑顔で福来たる  »

コメントを投稿

まちあるき」カテゴリの最新記事