旅カフェ・まちあるき

時代を超えた旅に出よう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

銀の馬車道をたどる ~時空を超える輝きの道~④福崎町~飾磨津物揚場跡へ

2017年10月09日 09時30分26秒 | 歴史街道倶楽部
トイレ休憩場所へ到着



福崎町で古くから栽培されていたもち麦の麺料理が人気だとか・・

日本民俗学の祖 柳田国男は銀の馬車道沿いの家に生まれましたが、その家は辻川村に移築され、石像が立てられ
その隣に柳田国男・松岡家記念館が開設されています。









この日は日曜日で駐車場は満車でした 
家族連れがいっぱいで ・・理由はわかりました。池から出てくる妖怪?河童を見るため人盛りとなっていました。
私もテレビで一度見たことがありました。
見たかったのですが、出発時間もあるので(笑)





オブジェを楽しみました 



生野橋は道路事情のため車窓からの見学となりましたが・・写真は撮りませんでした 

明治9年、馬車道の完成を祝って橋のたもとに記念碑が立てられました。
修築としたのは旧街道を利用した工事だったからだとか、始発・終着点でもない地に記念碑が置かれたのは
生野橋が最も難工事だったと言われています。
現在の橋は3代目で初代の橋は右岸に橋台の石垣と川中に橋脚跡が残っています。



馬車道の終着点に着きました。



生野のレンガで造られた「飾磨津物揚場」跡 (浅田化学工場敷地内)に残っています。
現在の姫路港は特定重要港湾に指定され、播磨地域の海の玄関口として世界に通じています。






感想
帰宅してから、画像と資料を片手に記憶を呼び起こして 記事を書くことが出来ました。
生野銀山は個人ではなかなか行くことが出来ないので 歴史街道倶楽部で見学ができて良かったです。
銀の馬車道も今回のイベントで初めて知りましたし、昔ながらの街並みが残る景観地区が歩けたのも良かったと思います。
帰りは中国自動車道・・・渋滞に遭いましたが新大阪着 19時50分でした。
渋滞がなければ、18時30分の到着ですが、皆さん笑顔で帰られましたよ~~ 
皆様 お疲れさまでした、ありがとうございました。











コメント   この記事についてブログを書く
« 銀の馬車道をたどる ~時空... | トップ | 活動報告 第一回 10月2... »

コメントを投稿

歴史街道倶楽部」カテゴリの最新記事