tabe blog

多部未華子さんを応援するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7話 回想

2013-02-26 23:14:36 | ロケ地探訪




7話 回想シーン




ストリートビューの撮影時期が2009年なので確証がもてないですがw


p.s.

現地へ行ってきました。

シーンの順番に並べます。



2.7mの看板がチラッと見えてました。
手掛かりのひとつです。



どう頑張っても自分が映り込んでしまうんですがw
どうやって撮ったんでしょw
(上からか…)



歩道橋の上からです。

ドラマでは奥に電車が見えるのですが、ライトの位置と窓配置から小田急4000系と断定w
得意分野ですw  それで場所判明w





振り返ったところ。
そのあと四十谷希子はストーカーを追いかけますが同じ画角なので割愛w




以上です。


コメント (2)

ぽーとれーと

2013-02-20 03:26:13 | 雑談










いいなぁ…    多部ちゃん撮りたいなぁ…







別にドラマみたいにハッセルブラッドじゃなくてもいいからさぁ…w


だってハッセルはシャッター音が嫌いなのw 重いしw 

(※個人の意見ですw)







あえてハーフサイズとか、ポラロイドとか…  変なカメラで撮りたいのw





……





撮りたいの!w







ほんと、そんな夢のような仕事くださいよw  

いつでも準備できてますから!w



(妄想はできても妄想で作品を残すことはできないんだもん!w)






P.S. このシーンのロケ地…  新国立劇場なんですってw  

また行かないとダメなのか…




コメント (2)

春ロペ

2013-02-18 16:58:19 | 雑談



こんなに増えるとは思わなかったw











P.S. 写ってる他に新聞に挟まってたのもありますねw  いったい何種類あるのやらw


コメント

対岸の地下道

2013-02-09 22:01:25 | ロケ地探訪



今日はNABEさんと「対岸の彼女」の地下道へ


現場は京王線八幡山駅から徒歩20分のところにある「希望ヶ丘公園」です。



   「35.659334,139.617935」  ←googleMAPの検索窓にコピペ!


































以上です!w  


コメント (4)

真夜中に真夜中を

2013-02-09 02:12:21 | 雑談




映画が始まる。











男が箱の中で映写する映画。箱を覗く男ら。









その建物を覗く女。いや、建物も箱と言うべきか。




覗く者にとって箱の中が映画。鑑賞者であり演者である。


映画と現実の世界を行ったり来たり。



映画の中から現実が生まれ、現実の中から映画が生まれる。



しかし評価されなければ映画は現実にはならず、現実も映画にならない。





男が映写してたキネトスコープみたいな立方体の箱は実際は存在しないだろう。



映画と言えばスクリーンに大きく映し出される物を連想し、紙芝居みたいに持ち運べるものではない。




でも、あえて箱を使うことで映画と現実の世界をハッキリと区別する。



「覗く目が映るまでが映画。そして覗いてる人も映画の中にいる。」



映画の中ではそれの繰り返しで時系列的に描かれていて一見わかりにくいが、それが横浜聡子さんの世界なのかな。








と、真夜中に考えてみた。






横浜聡子さんに聞いてみたいよね。


「真夜中からとびうつれ」とはどういう映画なのか。





コメント

間接…

2013-02-02 19:46:47 | 雑談



こら! コハク!

なに多部ちゃんにちゅーしとるんじゃ!



ん? コハクとちゅーすれば間接ki…(ゲフンゲフン…





コメント (2)

ラスホロケ地

2013-02-01 19:47:11 | 雑談


コレ、見た瞬間に参宮橋近辺ってわかったw


地図見たら参宮橋駅のすぐ裏手w


コメント