猫との一日 Une journee avec mes chats

フランス語とスペイン語を学習しています。学習方法や、レッスンのこと等を書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心に響くことば

2013-03-31 19:19:03 | 虎と小鳥のプロジェクト
織田塾で受講中の翻訳講座、
今日やっと第2回目の解説ビデオを聞きました。
1時間半以上あったそのビデオ、
内容もかなり濃い。。。
でも、すごく実になる感じです。


解説ビデオの最後の方で、こんなお言葉が出てきました。

辞書は金で買える実力

うぉぉぉぉぉぉぉっ、久々に心にズキッと突き刺さるお言葉でした。


翻訳講座といっても、単に訳せばいいというものではなく
フランス語的な表現を筆者の伝えたいことを正確に、
そしていかに日本語的な表現に変換するかが重要です。
だから、辞書をひいて、そこに書いてある意味をそのまま日本語訳にするっていうのは
いただけない。

そんな中で先生がおっしゃるには
「仏仏辞典を使いなさい」と。

翻訳するとき、辞書の言葉を使っても上手くいかないことがたくさんあります。
そんなときに、翻訳者は「同じ意味を別の文で表すとどうなるか」を考えることが必要。

同じ意味を別の文で表すとは、まさに仏仏辞典を使うことなんです。

先生おすすめの勉強方法は、
いきなり仏仏辞典を引くというのは最初の頃は難しいので
仏和辞典を引いた後に仏仏辞典を引くというものでした。

そして、それには電子辞書が便利だとも先生はおっしゃってます。
私が持っているCACIOの電子辞書は仏和で検索した後、
仏仏のボタンを押すと、再度文字を入力しなくても仏仏の意味が出てくるんですよね~。


これが、先生のおっしゃる「辞書は金で買える実力」。


にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村


Ensemble en Françaisや織田塾のことについてもっと知りたい~
という方は、お気軽にお知らせください。


フランス語脳プロジェクト
ゼロからのフランス語文法・会話講座

虎と小鳥のフランス日記
虎と小鳥のフランス日記24

こちらは月額コースです
虎と小鳥のフランス日記


織田塾について解説したブログはこちら
織田塾とはなんぞや



オンラインフランス語学校 「Ensemble en Français」
Ensemble en Français
では現在、「お友達紹介キャンペーン」を実施中です。
会員の私がご紹介した場合、
入会金が無料になるサービスが受けられますので、
興味のある方は是非お気軽にご連絡ください。

コメント (2)

プルーストを読む

2013-03-24 18:22:00 | Ensemble en Francais
土曜日は、Ensemble en FrançaisのYuu先生のレッスン。
ついに、ついに、ついに
あの作品に入りました。
そう、この5年間恋焦がれ、いつかは絶対に読んでみたいと思っていたあの作品、

A la recherche du temps perdu  失われた時を求めて

です。


この作品を読むために、文法にはことの他重点的に学習。
そして、いきなりこのような文学作品を読むのではなく
最初は軽く読める小説から始め
3冊の手ごたえある作品を読み終えて
さあ~、十分に自分なりにこの作品を読むための力はつけたゾ って思ったんです。


がっ、やっぱり手ごわい。
何が手ごわいってやたらと関係代名詞が使われてて
文の構造をしっかりと見極めないと
混乱してしまうんです。

昨日、私がお手上げだった文章がこれ。
これ、かなり長いですけど、これで1文なんですよね。
こんな文章がゴロゴロなんです。


Je me rendormais, et parfois je n'avais plus que de courts réveils d'un instant,
te temps d'entendre les craquements organiques des boiseries,
d'ouvrir les yeux pour fixer le kaléidoscope de l'obscurité,
de goûter grâce à une lueur momentanée de conscience le sommeil où étaient plongés les meubles, la chambre,
le tout dont je n étais qu'une petite partie et à l'insensibilité duquel je retournais vite m'unir.


まあ、長いんですけど、前半部分はよしとして
私が理解できなかったのは、後半の duquel の先行詞が何なのかが、
もうずいぶん考えましたけど、全く分からず、
分からないまま、レッスンに挑みました。

すると、先生の解説では
duquel の先行詞は、その少し前にある tout であり
ちなみにこのtout はその後に続く dont je n étais qu'une petite partie の先行詞でもあるのですが
je retournais vite m'unir m'unir à l'insensibilité du tout.
と考えると明確!!!


ほぉ~、なるほどね~。
私、そもそも dont とか duquel ってちょっと苦手なので
でも、この作品では、かなり頻繁に出てくるので
これはちょっと鍛え直さないとダメですね。


かなり読み応えのある作品なので
予習にもかなり時間がかかります。

でも、文体は、やっぱりさすが、味わい深いです。

先生からは、
「訳している途中はきっと、パズルのようでしたでしょうから、
あらためて全体の意味をよく理解した上で、再度音読すると、
文体のすばらしさを味わうことができますよ」
とご指導いただきました。

はい、がんばります。


来週のレッスンが楽しみです。


にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村


Ensemble en Françaisや織田塾のことについてもっと知りたい~
という方は、お気軽にお知らせください。


フランス語脳プロジェクト
ゼロからのフランス語文法・会話講座

虎と小鳥のフランス日記
虎と小鳥のフランス日記24

こちらは月額コースです
虎と小鳥のフランス日記


織田塾について解説したブログはこちら
織田塾とはなんぞや



オンラインフランス語学校 「Ensemble en Français」
Ensemble en Français
では現在、「お友達紹介キャンペーン」を実施中です。
会員の私がご紹介した場合、
入会金が無料になるサービスが受けられますので、
興味のある方は是非お気軽にご連絡ください。


いよいよあの作品に突入

2013-03-18 16:45:11 | Ensemble en Francais
土曜日のEnsemble en FrançaisのYuu先生のレッスンで
今までレッスンで使ってきたエッセイ集、"La Première Gorgée de Bière" が終了しました。
最後の話は、ペタンクについてだったのですが
いかんせん、ペタンクがどういうゲームなのかが分からずに訳してしまったので
チンプンカンプンな訳になって、ずいぶん手直しされてしまいました。

はははっ、ちょい、ショックですが
まあ気を取り直して。。。
次回から、いよいよ、あの作品にとりかかります。

そう、マルセル・プルーストの "A la recherche du temps perdu" です。
実は、もう既に、訳にはとりかかっているのですが
いやあ~、やっぱり難しいです。
La Première Gorgée de Bièreに比べると、単語の意味より具体的で、理解はしやすいのですが
1文が長い。。。

とてつもなく、長い。

やたら関係代名詞が使われていて、いったいどこまで続くんだという感じです。


先生曰く、作品としても長いけれど
1文が長いことでも有名。
そして、何より、「挫折してしまう作品ナンバーワン」でもあるらしいのです。

ヒョエ~、先生、とりかかる前からそんなこと言わないで~。


と、言ってる先生の顔は実にニコやか。
先生、見るからにやる気満々です。

この本は、私が読みたいと言って私が推薦した本ですが
先生も、いつかは読破してみたい本だったらしく
先生のワクワク感が伝わってきます。

今までレッスンで使ってきた本は、私がスキャナして
それをテキストとして先生に送ってきましたが
今回は、先生も同じ本を購入するとおっしゃっていただき
しかも、この2週間の日本への帰国(フランス在住)の時にも
どうやらこの本を持っていかれたご様子でした。

先生にもワクワクしてもらえて、うれしいです。


あと、もう一つ、この作品で難しいのは、
接続法半過去が出てくることです。
最初、見たこともない動詞の活用にとまどいましたが
実は、それが接続法半過去だったんですね。


でも、くじけないワ!!!
私は、絶対にこの本、読破してみせます


にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村


Ensemble en Françaisや織田塾のことについてもっと知りたい~
という方は、お気軽にお知らせください。


フランス語脳プロジェクト
ゼロからのフランス語文法・会話講座

虎と小鳥のフランス日記
虎と小鳥のフランス日記24

こちらは月額コースです
虎と小鳥のフランス日記


織田塾について解説したブログはこちら
織田塾とはなんぞや



オンラインフランス語学校 「Ensemble en Français」
Ensemble en Français
では現在、「お友達紹介キャンペーン」を実施中です。
会員の私がご紹介した場合、
入会金が無料になるサービスが受けられますので、
興味のある方は是非お気軽にご連絡ください。

コメント (2)

電子書籍

2013-03-09 17:16:46 | 学習方法
織田塾では、電子書籍をつくる企画があります。
生徒自ら、編集部員となり、ただ今企画真っ最中。

しかし、私はこれまで、電子書籍なるものを知りません。
これは、どういうものか、知る必要があります。

というわけで、iPhoneにずいぶん前からダウンロードしてたKindleアプリを活用することにしました。

はははっ、
正直なところ、kindleには興味があってダウンロードしてたですが
イマイチ使い方が分からなくて放置してたんですよね。

それが、やっと解明しました。
Amazonで、kindle用の電子書籍を購入すれば
手持ちのiPhoneや iPadのkindleアプリから読めちゃうんですね。
あはははっ、実に簡単です。
でも、この本の購入は、てっきりiPhoneのkindleアプリから購入するんだと思い込んでて
触っても触っても、本を購入できそうな画面にたどりつけず、断念しちゃったんです。

なんだ、Amazonから購入だったとは。。。


私は基本的には、ペーパーの本が好きなんですが
最近は、本の購入をためらうんです。
理由は、置き場所がない。

もう既に本棚はいっぱい。
どれか本を処分しないと、置き場所がないんです。

でも、電子書籍なら、置き場所に困らない。
しかも、いつでもどこにでも手軽に何冊でも持っていけちゃう。
iPhone1個に、何冊、何十冊ももしかしたら何百冊もの本をストックできちゃうんですから。
それに、ペーパーの本より安いんです。
サンプルもあるので、購入前に数ページは中を見れますしね。

難点は、すべての書籍が電子書籍化されてないこと。
本屋で、あっ、この本いいなあ~って思っても
電子書籍になってないものもありますからね。
今は、まだ、電子書籍になってるものの方が少ないんじゃないかな。


というわけで、私も電子書籍ライフ、楽しんでいます。


にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村


Ensemble en Françaisや織田塾のことについてもっと知りたい~
という方は、お気軽にお知らせください。


フランス語脳プロジェクト
ゼロからのフランス語文法・会話講座

虎と小鳥のフランス日記
虎と小鳥のフランス日記24

こちらは月額コースです
虎と小鳥のフランス日記


織田塾について解説したブログはこちら
織田塾とはなんぞや



オンラインフランス語学校 「Ensemble en Français」
Ensemble en Français
では現在、「お友達紹介キャンペーン」を実施中です。
会員の私がご紹介した場合、
入会金が無料になるサービスが受けられますので、
興味のある方は是非お気軽にご連絡ください。