猫との一日 Une journee avec mes chats

フランス語とスペイン語を学習しています。学習方法や、レッスンのこと等を書いていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さよなら、先生

2009-07-03 21:04:22 | 英語のこと
ECCでお世話になっているJ先生、
8月で退職なんだそうです。
カナダに帰るんだって。
ショックです。
すっごくいい先生だったのになあ。

3月までは毎週、先生のレッスンをとってたけど
4月から担当の曜日が変わってしまったので
先生のレッスンは受けられなくなってしまいました。

でも、先生が辞めちゃうって聞いて、
最後にレッスンが受けたくて
今日は有給休暇をとって先生のレッスンを受けました。
先生もすごく喜んでくれて、
I am really happy to see you today.
I‘m leaving at the start of August;
I hope to see you again before I leave!
と言ってくれました。
もうそれだけで

先生の曜日が変わってしまってからというもの
英語のレッスンは全く受けてなかったので(2ヶ月ぶりくらい)
今日うまく英語が出てくるか心配でした。

なので朝からずっと英語の本を読んだり
ぶつぶつ英語の独り言を言ってリハビリ。
おかげでフランス語が出てくることもなく
楽しいひと時でした。

今日のテーマは薬についてでした。
カナダに行ったときに、風邪をひいて薬局に駆け込み
薬を買ったことがあるのですが
そのときに「一番効くやつ、ください」と言って買った薬は
唇がしびれるほどの強い薬だったという話をしたら先生大ウケ。


When I tried medicine in Canada, my lips went numb.
カナダで、薬を飲んでみたら、唇がしびれちゃった。

Do you think Japanese medicine is less effective than foreign medicine?
日本の薬は外国の薬より効き目が弱いと思いますか。

と聞くと、日本の薬は効き目が弱いから2倍の量を飲んでるんだって。
へえ。。。


しびれるは numb
ちくちくする、ピリピリする は get pins and needles


みなさんも外国で薬を買うときはご注意くださいね。
外国では日本のような医療保険制度が充実してないので
病院に行くとすっごくお金がかかるのだそう。
なので市販の薬は強いものが多いんですって。
それに、体格の差もあるのかもしれませんね。
それに比べて、日本の薬は安全性重視で、効き目も穏やかですね。


応援の1ポチをしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村


高校のときの英語の先生

2009-07-02 22:17:09 | 英語のこと
私は、中学生の頃は、英語が大嫌いでした。
一番苦手だった。
というのも、当時、学校が荒れていてまともに授業がなくて
さっぱり分からなかったから。

そんな私が英語が好きになったのは
高校生のとき。
高校1年の担任の先生が、英語の先生だったんだけど
これがまた、熱血な先生だったの。
当時、英語は嫌いだったけど、先生は好きだったから
帰りの列車の待ち時間をつぶすために
よく職員室に遊びに行ってたなあ。。。←職員室に遊びに行くナ
で、そんとき、英語が苦手で特にリスニングが大の苦手って言ったら
先生が、じゃあ60分の録音テープを2本持ってきなさい←当時はまだ録音テープが主流
とか言われて、言われるとおりに持っていったら
なんとリスニング用のエキササイズテープをダビングしてくれて
テキストもコピーしてくれて、
「まずは、これからやりなさい」って言ってくれたの。
なんかうれしかったなあ。。。

なので、そのテープ、何度も何度も聞いて
テキストも何度も何度も繰り返し問題をやって
いつの間にか英語が一番得意になってた。
で、進んだ道は英文科。
中学時代、英語が一番成績悪かったことを知っている親は
すっごい驚いたっけ。

短大を卒業してからも、独学で英語は続けてた。
で、7年後、思い切ってNOVAの門を叩いた。
以後、英語はずっと続けてる。
もっとも今は英語よりもフランス語に夢中ではあるけれど。
でも、語学を学ぶことの楽しさを教えてくれたのは、高校のときの担任の先生。
今の私があるのは、平川先生のおかげ。

今日、明日のECCの英語のレッスンに備えて
久しぶりに英語のテキストを広げてたら
なんだか、あの頃のことを思い出しちゃった。

やっぱり、教師が生徒に与える影響って、大きいよねえ。
そうしみじみ感じるtabbyなのでした。

応援してくださる方はポチっと
にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村