治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

老舗

2013-12-31 07:53:50 | 日記


神奈川県民なら一度は、あの巨大な缶の鳩サブレーを誰かに贈ってびっくりさせたいという気持ちに駆られたことはないだろうか。
私にとっても夢であった。
今年は何人かの方へのお歳暮に鳩サブレーを贈った。

愛甲さんもそのお一人だ。
受け取ってメールをくださった。
老舗の食べ物には、独特の良い気があるようだ。
だからこそ、続いてきたのだろうし。

それで初心を思い出した。
発達障害の本を出し始めた頃考えていたこと。
ベストセラーを出すことではなく、この世界の老舗出版社になりたいなあと思っていたこと。

けれども発達障害の世界は変化する。
支援が進み、またそのあり方も変わっていく。
はかばかしく発達する当事者の人たちを見た一方で、私は当事者によって迷惑もかけられた。
前向きな保護者の方たちと知己を得る一方で、大地君の本を出したことで、猿烏賊の存在も知った。
神田橋先生や愛甲さんとお仕事できる機会に恵まれた一方で、死んだふり支援の実態をはっきりと知った。
そしてそういう支援に物足りない思いを感じている人々が多いのも知った。

2013年の年末に改めて思うこと。
老舗になりたいとか、そういう気持ちはとりあえずはない。
それより発達障害の人が、心身健康になっていく本を一冊一冊丁寧に作っていこうと思う。

死んだふり支援者が、猿烏賊を支援し、双方で力を合わせて社会の理解ガーをやっていても治らないのは当たり前だ。
でもそのおかしさに気づいている人々はいる。増えてきている。
障害は生まれつき背負うものだから、そのフォローに公金が使われるのは不当なことではない。
けれどもそういうお金は、社会全体がよりよい方向に行くために、当事者の機能と生活の質が上がるための支援に使われるべきだ。ただひたすら福祉ギョーカイの死んだふり支援の存続ではなく。

その志を持つ仲間は増えてきている。
来年はもっと増えればいいなと思う。

結局今年は二冊しか本を作りませんでした。来年はもっと本を出そうと思います。たった今も、すでに森嶋さんの本は責了し、二冊構想進行中です。
ありがたいことに新刊は少なくても、既刊は毎月のように何かが増刷してました。

今年も大変お世話になりました。
皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 選べない理由 | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事