治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

医者が教えてくれない子どものステキなところ

2020-12-20 08:50:12 | 日記
さて、昨日MLで大久保さんのzoom講座「医者が教えてくれない子どものステキなところ」についての募集を開始いたしました。
MLを(まだ)受け取っていない方にも募集受付始します。
めったにない機会になりますので、ぜひ皆さんご視聴ください。
参加募集についての詳細はこの記事の最後に貼り付けますが、昨日のエピソードを一つご紹介。

私は栗本さんとはオンラインオフラインで割合顔を合わせる機会があります。近いしね。
仕事の場であることもあれば、飲んでいる場だったりもします。
そこで色々栗本さんの抱いている大原則を探ったりするわけです。
そして栗本さんが医者と違うところは「弱者として見ていないな。変わりゆく存在だと見ている。それと定型の発達を踏まえて特性を見ている」とわかり、「医者が教えてくれない発達の話」という講座を開いたりしましたね。多くの方にお越し頂きました。

けれども大久保さんとは距離的に離れています。
顔を合わす機会は多くありません。
でも大久保さんには豊かな言語能力があります。
大久保さんはたぶん、支援じゃなくて他の仕事(会社員など)をやっても優秀なできる方だったと思います。そういうタイプの支援者です。

ですから大久保さんには文字で問い合わせすると仕事がさくさく進むのです。
私が見た大久保さんの「医者が教えてくれないことを教えてくれるところ」は「未来」を見据えての発達援助なのですが、昨日はあえてメールで質問してみました。
午後のことです。
大久保さんは午前のお仕事から戻られ、本日は朝から札幌出張。
そして夜にはぎっしりと書いた文書が届きました。
それを読んで、ああなるほどなあ、と思いました。
対談が楽しみになりました。

今、神田橋先生のところへのアクセスがあまりよくありません。
県外からの患者を受け付けていらっしゃらないので。
残念なことですが、ある意味花風社の著者の方たちが育つチャンスだと思います。
我々は一束になれば、神田橋先生をしのぐ仕事ができると思っています。
だから愛甲さんや栗本さんの知見に触れていただく機会を設けています。
大久保さんはその「一束」のお一人です。これからどんどん重要になってくる方です。

さて、ではMLを貼りますね。
応募の仕方は以下の通りです。
皆様のご参加をお待ちしております。

=====




「てらっこ塾大久保悠さんと花風社浅見淳子が対談します」

お世話になります。花風社の浅見です。
年末に新たな企画が決まりましたので、緊急のお知らせです。

1 てらっこ塾大久保悠さんと花風社浅見淳子の対談を開きます!

多くの方にご視聴いただいた「医者が教えてくれない育ちのアセスメント」で鋭い分析と優しいまなざしをみせてくださったてらっこ塾の大久保さん。全国のご家庭から訪問依頼が絶えません。そして、次回の関東出張に合わせ、花風社浅見淳子と対談してくださることになりました。
日時は1月23日の13時半より2時間程度です。
タイトルは「医者が教えてくれない子どものステキなところ」です。

今年も全国で引っ張りだこだった大久保さん。
依頼されたご家庭に入り、親子さんたちとひとときを過ごして発達援助をするお仕事をされています。大久保さんの訪問により好転したご家庭が続々で、多くの笑顔を作り出されているようです。なぜこれが可能なのか? それは、医療と違って「できないところ」をみるのではなく、お子さんが自ら育ちたがっている点に注目し、それを親御さんにアドバイスするからです。
我が子のステキなところを見抜く視点を持つことがどうすれば可能なのか浅見が質問し、お答えいただきます。
また、コロナ禍を経て得た視点などに関しても、大久保さんと浅見で意見交換をします。
ご視聴料金は

当日のみ 3000円
後日動画視聴込み(3週間程度を予定しています) 4000円

です。
ただし翌日の「愛甲修子さんに質問する会」にお申込の方は、1000円引きとさせていただきます。


2 「愛甲修子さんに質問する会」のお知らせ

毎回好評な「愛甲修子さんに質問する会」をオンラインで開きます。
日時は2021年1月24日13時半から2時間程度(延長の場合もあります)。
料金は、一画面あたり
・当日のみの視聴の方 3000円
・当日視聴及び記録動画もご希望の方 4000円
です。


1,2 いずれの会も
お申込の方はzoom☆kafusha.comに
(☆をアットマークに変えてください)
・お名前
・メールアドレス
・ご視聴希望講座(大久保さん対談、もしくは愛甲さんに質問する会)をお知らせください。
そして料金をお振り込みください。(口座はお問い合わせください)


お振り込みは1月11日までにお願いいたします。
アドレスは1月12日ごろからご入金確認済みの方に送っていきます。

なお、愛甲さんの会にご参加で、ご質問のある方はmail☆kafusha.com(☆をアットマークに変えてください)までご質問を送ってください。
ハンドルネームでも実名でも結構です。当日も顔は出していただいてもいただかなくてもかまいません。
参加者の方には守秘義務を徹底していただくようお願いいたします。
ご質問を送られる方は、そこから愛甲さんのお仕事が始まりますので、提出と同時のお振り込みをお願いいたします。

3 新刊『発達障害・脱支援道』(廣木道心著)
年内発送ご希望の方は12月25日までにお申し込みください!


親として、支援者として廣木道心さんの貴重な経験がぎっしり詰まった「発達障害・脱支援道」。
「大変なことになる前に、治しましょう」という結論に至ったのはなぜなのでしょう?
ぜひ年末年始にお楽しみください。


おまけは小暮画伯特製のポストカード型カレンダーと、おーちゃん画伯特製の「親バカメッセージポストカードwithアマビエ様」です。
下記からどうぞお申込くださいね。
新刊「発達障害・脱支援道」のページはこちら。



この本とともにお勧めするのは

廣木さんに勇気を与えた本、『NEURO 神経発達障害という突破口』



「治して社会参加する」とはどういうことかよく教えてくれる『発達障害でも働けますか?』



そして社会参加するために最低限目標とすべきものは何か教えてくれる『元刑事が見た発達障害』です。



その他気になる本はこの際お買い求めください。冊数分おまけをおつけいたします。

皆様に穏やかな年末年始が訪れますようお祈りいたします。

花風社 浅見淳子
この記事についてブログを書く
« この一年の花風社 | トップ | 六歳までに治らなくてよい理由 »
最新の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事