治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

偏屈なラーメン屋と環境調整オタク

2012-04-20 09:50:45 | 日記
「自閉っ子のための道徳入門」を作った上での自分なりの収穫はなんといっても
「問題行動になぜ感覚運動アプローチが有効なのか」が自分の中ではっきりしたことだな。

品川裕香さんの本などを読んでいても
矯正教育の場でも使われているでしょ、身体アプローチ。

私の中でも効果があるだろうなあという実感はあったんだけれども
それを専門家に理論づけていただいた感じです。

「問題行動緩和には環境調整」っていうご高説を拝聴すると
私はいっちゃんが描いたこの絵の心境になります。上手ですよね~。
いっちゃん、使わせていただきました!





いや、環境調整を否定するものではないですよ。
環境調整は自閉症支援の第一歩でしょ。
「自閉っ子のための道徳入門」でも、「ばりっばりの環境調整がいかに有効か」について触れていますよ。

でもね、人口に膾炙しないでしょ。いまいち。

教育現場どころか、事業所でも抵抗勢力があったり。
いや、その抵抗勢力と闘うのも大事ですが(今度のうちの本もそれに寄与すると思うよ)

まじめに支援を考えるんだったら他のもん出してみんかい? と思うわけです。
大事なのは手法への固執じゃないでしょ。
ラクになることでしょ、本人や周囲が。

その点神田橋先生は

1 自分でできて
2 金がかからなくて
3 できたら身体の中に何も入れない

ことをこの本で提言なさったと思いますけど。



実際、この本に多くの保護者が魅かれたのは
「環境調整」以外に何か我が子をラクにできる方法があれば、と思ったからでしょ?

「問題行動には環境調整」としか繰り返さない人を見ると

「中華そば 450円」

の単品メニューで勝負している偏屈なラーメン屋を思い出すんです。

いやあ、こだわりは結構ですけど
もっと他に出すものないんかい? って感じ。
コメント   この記事についてブログを書く
« わははははは | トップ | 原発とともに去りぬ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事