治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

花風社かるた 「い」

2015-06-02 14:02:35 | 日記




花風社かるた編纂室からのお知らせです。

「い」は

医者なら治せんといかんわな

です。

新しい読者にはなじみがないかもしれませんが
これは2009年に神田橋先生がおっしゃった言葉です。

この言葉を聞いて私は号泣したもんです。

そして今でも、「こういう当たり前の感覚を忘れないでいたいなあ」と思っているのです。
当たり前の感覚とは
・医者は治す
・子どもは学校行く
・社会人は仕事を頑張る
・お母さんはごはんを作る

みたいなこと。

こういった世の中で当たり前のことと逆の主張をする変な世界にはなじみたくないなあと思っているのです。

就労支援セミナーで雇用主候補を集め
「この人たちに頑張らせてはいけません」という世界は、変な世界です。

治すのが役目であるはずの医者が「治すなんて差別。社会の理解ガー」と叫ぶプロ市民と化していたら、それは変な世界です。

頑張るという人の生存上当たり前のことをしている当事者が
「名誉健常者」なんて呼ばれる世界は、変な世界です。

早期介入したあげくニートを目標としている支援者が「センターオブセンター」としていばっていて握手会まで開いてしまう。
それは変な世界です。

障害と犯罪は関係ないと言いながら裁判では障害を情状酌量の手段にする。
それは変な世界です。

「医者なら治せんといかんわな」

っていうのは「空は青いね」くらい現象をそのまんまあらわした言葉なのですが
そういう変な世界の変な世界観、変な支援者たちに苦しめられたあとでは、この当たり前の言葉に号泣するのです。

新しい読者のために
浅見淳子号泣までの道のりを箇条書きにしましょう。歴史上の出来事が一分三十秒でたどれます。

1 「浅見は詐欺を働いている」と事実無根の言いふらしをしている自閉症者がいた。
2 「よこはま発達クリニック 内山医師」に診断された診断書を方々に送り付けていた。
3 「そんな名医にかかっているのならその妄想も治るだろう。二次障害は治るんだから」と浅見安心。
4 でも治らない。
5 見るに見かねた服巻智子大先生。内山医師に善処を訴える。曰く。「ニキさんが被害にあっています!」(注:一般人の感覚では、被害者はまず私。ニキさんより被害は大きい。でもギョーカイ人にとっては「健常者に人権なし」なので被害者はひたすらニキさん
。私の被害は眼中になし)
6 内山大先生、服巻大先生に「ほっとけ」とおっしゃる。そしてほっとく。
7 よこはま発達クリニック吉田友子大先生から花風社浅見に無礼な手紙が来る。
8 浅見は怒ってこんな無礼な真似をする前に患者をどうにかせいとよこはま発達クリニックに返事する。
9 内山大先生、「その者が患者かどうかは守秘義務があって言えない」とおっしゃる。
10 当該患者が服巻先生を脅し、海外招聘講師による数万円のセミナーを主治医の内山大先生ともども無料で出席を許すことになったと話していたと内山大先生に事実を突きつける。
11 内山大先生事実を突きつけられ仕方なく治療関係を認める。明らかに治療中に当該患者は不法行為を行い内山大先生はそれを知りながら見逃していた。
12 浅見地元で情報を仕入れ「あそこでみてもらっても不登校家庭内暴力一つおさまらない。診断され親がおおよしよしされるだけ」との情報を仕入れる。なぜそれが名医扱いされるのか不思議に思う。(今現在は、要するに子どもの状態をよくすることではなく自分がおおよしよしされることが主目的の親には需要があるのだろうと結論付けている)
13 辻井正次大先生(アスペエルデの会)に「なんで内山医師は治さないのか?」ときく。
14 辻井正次大先生。「大人になったら治らない。治る気のない人は治らない」との本音を吐く。(だったら成人支援を訴えるのはなんでなんでしょうね?)
15 「支援者は『本人たちは努力しなくていい。社会が理解すればいい』という言論を繰り広げることによって自ら『治る気のない人』を増やしている。ギョーカイはむしろ『治さない』方に仕向けているのではないか」という疑問をこのとき抱き始める。
16 そういうギョーカイならば、発達障害をやめたいなと思う。貴重な人生、そんな人たちと仕事をしたくない。
17 愛甲修子さんがいきなり電話をかけてきて、「神田橋先生の本を作りましょう」とかわけのわからないことを言う。
18 発達障害の本なんか作りたくない! と噴火していた時期だったが、いやいや愛甲さんに会ってみる。
19 神田橋先生は治す医師なのだ、という話を聞いて半信半疑で本を読んでみる。そして感動する。
20 それでも私自身の「もう発達障害やりたくない」という気持ちからなかなか具体的に本づくりをアレンジできない日々が続く。
21 思い切って神田橋先生に自分の心境を話す。そして返ってきた言葉が

医者なら治せんといかんわな

だったのです。

やっぱりそうだよね。
そう思うのが当然だよね。
お医者さんなんだから治してくれ、っていう気持ちを持ってもいいんだよね。
と思って号泣した私でした。

もっと知りたい人はこっち読んでね。
私は自閉症者に犯罪特性があるとは書いていません。
罪を犯さない自閉症者はたーくさんいます。
でも支援ギョーカイの中に反社会性があると思っています。
反社会性っていうか、非社会性かな。



だから犯罪を防ぐためには
常識に立ち戻ろうよ。
そういう提言をしている本です。

支援者が言っていることが変だと思ったら、変だと思っていいのです。
それがギョーカイトラウマから逃れる道ですよ。
ギョーカイ活動してきて子どもを育てあげた母さんたちが今
ギョーカイトラウマに苦しんでいるのです。
社会を無用になまはげにするギョーカイに与えられたトラウマに。

ギョーカイ活動しながらそこにからめとられず、常識を保った母さんたちの共通点。
それはどうやら、ギョーカイと無縁で、常識的な社会人である父さんの存在。

「あ」「い」と続けて発表してきましたが

次を「う」にするとギョーカイトラウマが再発しそうなので
明日は「し」にしましょうかね。
コメント (4)

ラクになることを選べない身体

2015-06-02 08:55:40 | 日記




非リアな日々。仕事漬け。
昨日は夕食ぎりぎりまで仕事
その後夕食、運動、そして晩酌しながらもiPhoneにのっけた
4 社会に発達障害をどうわかってもらうか作戦会議
を繰り返し繰り返し読んでいました。
啓発ギライの私が出す啓発の書なのですから、慎重です。

そもそも「治ってますか? 発達障害」は
「ラクになる手段がどんどん出てきたのだから
使えるものは使おうよという空気を生み出したいね」と意気投合して生まれた本です。



なんてことを思いながら寝たら、昨日のブログでご紹介した読者の方からまたお便りが。
貼らせていただきますね。

=====

浅見様

ありがとうございます!!
なんだかとっても嬉しいです。
こうして一歩踏み出せたことを一緒に喜んでもらえるとすごく励みになります。
そして、浅見さんをはじめ、花風社のお仕事に携わる方々が、ひとりひとりを「人」として大事に思ってくださっているんだなって感じます。

「身体LD」「身体音痴」、本当にその通りだと思います。
そしてそこに気付かせてもらい、治す方法も教えていただけたことで、私にとっての明日の意味が良い方向へと変わりました。
大げさじゃないです。

私は毎週、聖書のお勉強に行くのですが、最近、イエス・キリストのような本当の優しさとは何かを教えてもらいました。
聖書には「優しい同情」という言葉が出てきます。
聖書の参考文献によれば、「それは、困窮している人たちをかわいそうに思う以上のこと。それは、他の人の生活に新たな変化をもたらすような行動をとる事により、その人に関わり、その人を助けることをいとわない気遣い」だとの事です。
優しい人は、他の人の生活に変化をもたらすことを願うのだ、と教えてもらいました。

それを教えてもらった時に、花風社に携わる皆さんのことも思い浮かべました。
なんでも、「いいよ、いいよ。それでいいんだよ。」というのは、安易という意味の『易しい』ではあっても『優しい』ではない。
易しいでは人の未来は変わらない。
他の人の人生に良い変化をもたらそうと行動するって、とってもとっても力がいる事だと思います。
花風社でこうして本をたくさん出版してくださったり、お勉強会を開いてくださったり、発達障害の人たちを楽にしてあげたい、もっと有意義な人生を送れるようにしてあげたいという思いで、お仕事を続けてくださったことはやはり、力強いほんものの優しさの表れだと思います。

身体音痴過ぎて、その優しさに気づかない人たちも、はやく易しいと優しいの違いに気付いて、自分の明日をより良い方向へ変えていったらいいのになと思います。

=====

そう。ラクになることを選ばない、選べない人もいるでしょ。
そういう人も身体に原因がある。
ということを栗本さんがまた新刊で披露してくれています。

そしてね

5年前に私がこういうブログ書いたら
猿烏賊山は「浅見のねつ造だ」と決めつけていたんですよ。
彼らにとって「浅見には仲間がいない」だったから。

すごい想像力の障害でしょ?

あ、それも栗本さん身体から説明してたな。
療育へたにはわけがある。
そしてさっき木下麻奈さんが
療育へたなお母さんの声ってわかるって言ってました。

まあ、「味方がいたらそれはねつ造」から
カルト呼ばわりされるまで仲間がいることを猿烏賊が認めなければいけなくなったなんて
本当に大出世。名誉なことですわ。

スクショはそのときねつ造説をとっていた猿烏賊の最近の心の叫び。
ここんちは腰が育っていないようだね(ヒントあげるなんて私ってやっぱり親切)。

おっと、ついでに大地の最近のスクショもあげとこうかな。

あのときの五年後の未来がここにあります。
どっちを選ぶも皆さん次第。
選択が五年後を作るのです。



コメント