ようちゃんばあば日記


お米と野菜をつくり、保存食作り 編みものなどの日常を綴っています。

お彼岸

2020-03-22 | 家族とともに
あれれ すみません。
いま気が付いたんだけど コメント欄のカギをかけっぱなしでした!!

きのうは 二女みちが 孫二人を連れてやってきました。



さすが お彼岸ともなると 暖かい日差しが気持ちいい~

テントウムシや カナヘビ オオイヌノフグリにタンポポ

アマガエルやモンキチョウも・・・・

次から次に追いかけて 飽きません。

よく動いたので お昼ご飯は もりもり食べました。

特にお気にいりだったのは こちら…

昨日から甘酒をまぶして置いた鶏もも肉。

フライパンで 焦げやすいので時々動かしながら 中火でよく焼き付け

火が通ったら裏返して 両面こんがり焼いたら 酒と醤油を振りかけて

じゅうじゅうと 焼きます。



お肉を取り出して 食べやすい大きさに切ってお皿に盛り付けたあと

フライパンに残ったソースを煮詰めて 上からかけます。



塩麹と同様 麹の効果で肉が軟らかくなり

とってもおいしくなりました。



先日作った 文旦の砂糖漬けに 湯煎したビターチョコレートをかけて

オランジェットも つくりました。

にほんブログ村「田舎暮らし」に 参加しています。

ぽちっと ↓の うさぎをクリック お願いします。 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 倉敷で 美術三昧の日 | トップ | 大根の佃煮 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
甘酒で (ぐり)
2020-03-22 19:56:23
鶏肉なるほど
塩麹ではやったことがありますけど
なるほどですね
これはやってみたいです
まずは甘酒を作らないとですけど
こんばんわー (キミコ)
2020-03-22 20:24:44
あらら(; ̄ー ̄川そうでしたか!
近況報告だけか 珍しいなと思っていましたよ(*^ロ^)ノヤッダァ

今年の「きょうの料理」は甘酒を使ったメニューを2人の講師で観せて頂きました^^
そりゃ砂糖を入れるより手っ取り早いし どうせ麹も使っているし
甘酒もあちこちで手に入れやすいですものね
ようちゃんは自家製だから尚の事ですねえ^^

ようちゃんちはお孫さんにとっては天国ですね
無限に遊べて空気も良くて・・・(*´ェ`*∩うふうふ
ようさんへ (くりまんじゅう)
2020-03-23 00:29:05
春の日差しの中で お姉ちゃんの脚のかわいいこと!

そうでした 文旦の砂糖漬けで食べるだけでこれを
チョコピールにする知恵が回りませんでした。
オランジェットという名前ですか。今朝見たら産直に
きれいなザボンが出ていました。買って作ろうかなぁ
でも1個が5-600円するからなぁ・・。
ぐりさん (よう)
2020-03-23 06:45:21
塩麹の程よい塩分と美味しさは 鶏肉によく合いますよね。
たまには甘辛いたれもほしくなるので 甘酒で寝かせて 醤油をじゃっとかけまわすのも
いいなあとおもいますよ。
キミコさん (よう)
2020-03-23 06:50:29
なんだかねえ イイネ‼は増えるのに 一件もコメントが入らないなあとは思っていたのですけど
夕方パソコンを開いてやっと気が付いたのでした。
最近 NHK料理番組を見ることがほとんどなくなったのですけど
甘酒を使った料理をやっていたのですか。
甘酒には砂糖が入っていないのに あれだけ甘いし 麹の効果も大きいので
砂糖がわりに もっと使おうと思いました。
孫たちは 走りまわって 夜もぐっすり寝てくれるし ほんと 子どもにとって天国でしょう。



くりまんじゅうさん (よう)
2020-03-23 06:55:11
あはは 子どもの脚ってぷりっと何か詰まっている感じですよね。
オランジェットは わたしの大好物です。
大きなザボンやでなくても 八朔やレモン 夏ミカンなどでもでき 
むしろ あまり白い部分が厚すぎないほうが バランスもいいかもしれないです。
つくってみてね~

コメントを投稿

家族とともに」カテゴリの最新記事