気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。
共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければ、うれしいです。

日韓市民団体が「平和憲法を守るべき」だって。平和ボケが韓国にも浸透?

2018-03-13 17:03:22 | 韓国

韓日市民団体がソウルでシンポジウム 「平和憲法を守るべき」

 シンポジウムは、韓国の「ソウル大統一平和研究院」、日本の「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」などの団体が主催し、韓完相(ハン・ワンサン)元副首相や咸世雄(ハム・セウン)神父、憲法改正に反対する「九条の会」事務局長の小森陽一・東京大大学院教授、昨年にノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の国際運営委員を務める川崎哲氏らが出席した。

 宣言文は、南北、米朝の首脳会談が実現する見込みとなるなど「朝鮮半島と東アジアの政治秩序に画期的な変化が起きている」とし、「われわれは平和を支持する韓日市民としてこれを積極的に歓迎する」と表明した。

 また「朝鮮半島で始まった平和の流れを受け継ぎ、東アジアに平和体制を築くことを目指し、両国市民が連帯して日本の平和憲法を守り、東アジアの非核化と平和へ共に努力することを確認する」とした。

 日本の安倍晋三首相は、国際紛争を解決する手段としての戦争や武力行使を永久に放棄するとした憲法9条(平和憲法)を改正し、日本を戦争のできる国に変えようとしている。

 宣言文には「日本は過去のアジア侵略戦争がもたらした数多くの殺傷と被害に対する真の謝罪と解決のみが日本と朝鮮半島の和解、東アジアの永久的な平和実現に向かう道であることを認め、自ら問題解決に全力を尽くす」との内容も盛り込まれた。

 小森氏は「安倍政権が南北対話に非常にネガティブな態度を取っていることが許せない。ここに9条の改悪を企む安倍政権の本質があらわれている」と批判を口にした。
*******************************************************************************************************

ソウルで日本と韓国の市民団体がシンポジウムを開催しました。
 
日本の憲法9条は素晴らしいと、褒め称える集会だったようです。
 
 
休戦中の韓国までが憲法9条を絶賛するなら、是非韓国でも取り入れてもらいたいです。
 
韓国は日本と違って、憲法改正も柔軟のようですから一日も早く憲法9条を真似てください。
 
パクるのは韓国のお家芸ですから、どうぞどうぞ。
 
 
しかし、捻くれた考えで安倍首相を批判するのは止めて欲しいです。
 
ネガティブな態度?
 
そりゃあ、当然でしょう。
 
今まで北朝鮮に何度も騙されてきました。
 
それを今になって信じろと言われても。。。。
 
 
朝鮮半島の非核化? アジアの非核化?
 
バカじゃないの? と言いたくなります。
 
北朝鮮は信用できないから核保有が認められないのです。
 
北朝鮮は民主的国家ではないから核を放棄させたいのです。
 
人権もない独裁国家が核を持てばどうなるか、火を見るより明らかです。
 
 
朝鮮半島の非核化だと、米軍撤退を意味します。
 
北朝鮮が暴走をさせない為にも、睨みを利かせねばなりません。
 
 
東アジアの非核化?
 
では中国が核放棄するとでも思っているのでしょうか。
 
 
綺麗ごとを言って、自分たちは素晴らしいと自己満足しているだけではないですか。
 
もしくは北朝鮮や中国の回し者なのでしょう。
 
平和憲法とやらが広まれば、北朝鮮や中国の思う壺ですから。
 
そして東アジアを征服できるでしょう。
 
換言すれば、日本も韓国も中国か北朝鮮に支配されるのです。
 
韓国が忌み嫌う、植民地になるのに、それでも良いと言うのでしょうか。
 
日本でなければ、支配されても良いとでも言いたいのでしょうか。
 
 
この様な市民団体は現実を見なさ過ぎです。
 
平和憲法が出来た理由をもっと考えるべきです。
 
誰が何の為にこの様な憲法を作ったのか。
 
そして日本はなぜ平和が守られてきたのかを。
 
 
それは「平和憲法」があったから、とこの市民団体の面々は言うでしょう。
 
それなら、世界の紛争地に行って平和憲法とやらを広めればいいのです。
 
 
この様な活動は単なる安倍政権叩きとしか思えません。
 
この様な現実逃避の活動家たちを哀れみの目で見てしまいます。
 
そして軽蔑します。
 
もういい加減にして欲しい! と言いたいです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国人っておせっかい。。。... | トップ | 村上誠一郎氏、またもや安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国」カテゴリの最新記事