団塊シニアのひとりごと

老いるということは

齢をとるにつれて、しみ、しわ、白髪もふえ、容貌も変わってい

く、身体の機能も低下し、視力や聴力が低下して体力が低下して

無理がきかなくなる。

 

さらにあちこちの具合が悪くなって、ひとつが治らないうちにま

た別のところが悪くなるといった感じで心身の衰えがいやでも進

行していく、加齢は誰にとっても望ましいことではない、昨日で

きたことが今日できなくなり、今日できることが明日できなくな

り確実におとろえ、かつて味わったことのない経験である。

 

 

反面高齢になるにつれ職場や学校などの社会的制約が他の世代に

比べ小さいので自分の気持ちに忠実に生きることができるような

気がする、肉体は衰える、知力も衰える、しかし自分と向き合う

時間が多いだけに私自身魂が最も活発に活動するのがこの時期だ

思っている、いずれにしても経験のモノサシが役に立たないのが

老いるということかもしれない。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「老後の生き方」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事