団塊シニアのひとりごと

定年退職して8年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

定年退職後に思う会社のこと

2018-06-12 06:01:15 | 会社

40年間勤めた会社を離れて8年目を迎えた、今思うと会社という

ところは人間を勉強する場所でもあった、十人十色の人間が集まる

集団、たとえ人間的に通い合うものがない上司であっても生活の手

段として従い行動を共にしなければならない。

 

会社の目標は営利の追求、儲けること、どんなに高いビジョンがあ

っても儲からなければならない、だからこそ予算達成という目標に

むかって厳しさに耐え達成したときの喜びは格別のもがある。

 

それでも40年も勤めてれば悲哀や矛盾を感じることはいくどもあ

った、ただそれも今となっては断片的な記憶としてしか残ってない、

時間がすべて解決してくれるものだ。

 

苦悩や矛盾を感じながらも勤めあげたのはひとつの目的を共通にす

る者同士の結束でできあがった集団での連帯感と使命感そして経験

から苦難を乗り切る処世術が身についたからだと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「妻より先に死にたい」男性... | トップ | 「若く見えますね」という褒... »
最近の画像もっと見る

会社」カテゴリの最新記事