団塊シニアのひとりごと

なぜか「社交的人間嫌い」と思う時

齢を重ねると執着心、そして欲が少なくなる、そのせいか人に対

しての懐かしさが希薄になる感じがする、昔のことを懐かしく思

わないことはないが以前とは違う、会えば楽しいこともあるがま

た会いたいと思う人は正直少ない。

 

 

私自身、40年間もサラリーマン生活を続けてきてるので、それ

なりに社交性はあると自分では思っていたけれど、定年後は、

ぜかみんな一緒主義を否定し、どこかで人間嫌いなころが私

面に潜んでるのかもしれいと思っりすることがある。

 

 

特に再会にしがみつかない、だから一期一会のつもりで、会った

人と今日が最期と思いその瞬間を大切にするよう心がけてる、

また会うともなく終わったほうがいい人間関係もあってもいい

思っている。

 

 

人の人生をみるのは嫌いではないが、なぜか「社交的人間嫌い」

矛盾してるけれど定年退職後、自分と向き合う時間が多くなり、

んとな気づいたことである。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「人間関係」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事