団塊シニアのひとりごと

老いた母の心の中は

8年前に父が亡くなり一人暮らしだった母、認知症になり現在の

施設に入居してもうすぐ1年半、最近95歳の母の体調に変化が

き大腸がんと診断された。

 

年老いて死を迎えるということは少しずつ自由を奪われることな

のだろう、父と結婚し、私と弟を育て少しずつ獲得してきた自由

を今度は手放していかねばならない。

 

訪問してる施設に入居してる人たちを見てると気力を失ってる人

い、だから施設ではクイズを出したり、塗り絵をやったり、

歌わせたり、イベントをしたり工夫をしてる。

 

昔は家族がしてた介護の役割がお金さあれば今は施設がやって

れてることには感謝の気持ちしかない、ただ母はいまだに帰宅願

望があり、ここは自分の居場所ではないと思っている。

 

老いて弱くなっていく情けない自分と、人生の荒波を乗り越えて

生き抜いてきた誇り高い自分、そのなかで必死に闘ってるよう

見える母、長生きしたけれど認知症になり、がんの宣告、母は今

自分の人生について何を思ってるんだろうか?


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「親」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー