団塊シニアのひとりごと

定年後一年目の家計は厳しい

2011年3月、私が63歳の時に定年退職、ちょうど東日本大

震災があった年、それからもうすぐ9年経過するが満額の年金が

支給されるのは64歳のときからだったので定年後の1年は1月

~3月までの給与と年金を合わせて170万円ほどの収入しかな

かった。

 

それなのに市民税、国民健康保険料は前年度の収入に対して計算

されるため定年後1年目は働かないかぎり厳しいことは確かであ

、私の場合、市県民税、固定資産税、国民保険料、自動車税含

めて70万円であった。

 

それに毎月の固定費(マンションの管理費、駐車場代、水道電気

ガス代、火災保険、自動車保険)を加えるとかなりの出費になり、

結果的に、大して贅沢もしないのに200万円ほどの持ち出しと

なった。

 

しかし老後に関する指南書のなかにはほとんど解説されてない、

それはいてる人が実体験がない人が多いからである、老後の指

南書を書いてる人は作家等の文筆家の自由業で定年退職の経験が

ない、実際サラリーマンであっても、いざ遭遇して初めて理解す

るようなものだ、この初年度の出費を覚悟して定年後の年金生活

に入ることが望ましいと思う。

 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「定年後の生活」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事