団塊シニアのひとりごと

定年後の生活は自分しだい

現役時代は毎日仕事に制約される時間が一日の大半を占めている、

同じことの繰り返しであるがそれなりにメリハリはあったものだ、

しかし退職してからは過去の習慣は通用しない。

 

 

自分がすべて決めなくてはならない、仕事を自分の人生と位置づ

けてきた人は定年後の生活をなかなか受け入れることができない

かもしれない、環境の化を楽しむことができない。

 



どちらかというと刺激が少なく比較的淡々と過ぎていくのが定年

の生活である、だからこそ日常の生活に刺激とアクセントを自

分で工夫するしかない、誰も教えてはくれない。

 



なかには退屈で耐えられないと働きに出る人もいる、人それぞれ

ある、ただ仕事をしなくなっても職業的な業務をしなくなった

だけで知力や労力を使うことがなくなったわけではない、知識欲

や向上心がある限り学ぶことはいくらでもある。



 

そして日々の生活にちょっとした希望がある、愉しみがある、夢

になるものがある、そういうものがあれば十分だと私は思って

いる、そう考えると定年後の生活は自分しだいだといえる。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「定年後の生活」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事