団塊シニアのひとりごと

さみしいのではないかという誤解

日本人の男性は就業以外の社会参加が乏しい、会社以外の場で

の人間関係はうすい、定年退職することによって生まれた時間

をどのようにすごしてよいのか、わからずにとまどってる人が

少なくない。

 

これはある定年本に書かれてる一節であるが、なるほどと思える

内容である、また定年退職者のこんなつぶやきが照会されてる。

 

■毎日やることがなくて困っている

 

■一番自由な今がしんどい

 

■家で居場所がない

 

■暇になったのにあせる

 

■このまま毎日が続くと思うと自分の人生は何だったのかと思うと

きがある

 

 

さらに図書館、ショッピングセンター、スポーツクラブ、喫茶店で

見かけるヒトリボッチの老人とあるが、群れてなければ淋しいとい

う印象というのが一般的かもしれない、しかし本人は自由を謳歌し

てるのかもしれない、だからさみしいのではないかという誤解があ

るのではというのが定年退職11年目を迎えた私の実感である。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「定年後の生活」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事