団塊シニアのひとりごと

定年退職して8年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

人間は弱いかもしれないが

2018-03-11 07:13:59 | 生き方

「人間はみんなが美しくて強い存在だとは限らないよ、生まれつき

臆病な人もいる、弱い性格の者もいる、メソメソした心の持ち主も

いる…けれどもね、そんな弱い臆病な男が自分の弱さを背負いなが

ら、一生懸命美しく生きようとするのは立派だよ」 



 

これは今は亡き作家の遠藤周作氏の言葉である、この世の中には強

い人もいれば弱い人もいる、弱さはコンプレックスだったり、貧困

だったり、能力だったり、弱さも多様である、そんな弱さを抱えな

がらも懸命に毎日生きてる、その姿こそ立派であると遠藤氏は言い

たかったのではと思う。



 

そしてその弱さを克服した時、人間は自信につながるのかもしれな

い、それでも人間は懸命にもがいてた時をつい忘れがちになるもの

だが、そのことを決して忘れてはならない、忘れないことこそ、そ

の人の逞しさ、そして優しさにつながるはずである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金生活の心得 | トップ | 下流老人にならないためには »
最近の画像もっと見る

生き方」カテゴリの最新記事