団塊シニアのひとりごと

親の死で喪失感を覚えた人は多い

婦人公論の特集「親ロス」の読者アンケートで親の死で喪失感を

覚えた人は89%、何かのきっかけで抜け出せる人がいる一方、

22%の人がまだ立ち直れていないと回答している。

 

親ロスの実態事例

■病院から「今、お父様の呼吸が止まりました」との知らせ、あ

てて車を走らせたが間に合わなかった、病院に向かう車窓から

えた東京タワー、その時から私にとって東京タワーは悲しみの

徴となった。

(父70歳、私46歳の時/公務員62歳)

 

■先月亡くなったばかりなので、まだ実感がわかない、だが、携

電話に残された母の声を聞くと………。なんでも話せる母はも

いない。

(母78歳、私54歳の時/会社員54歳)

 

死別の悲しみに特効薬はないのかもしれない、人それぞれ違うも

のである、私も7年半前に亡くした父のことを思うと悲しみをな

くそうと無理をしないこと、やはり時間が傷を癒すような気がす

る。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「親」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事