団塊シニアのひとりごと

定年後のお金について思うこと

ある雑誌で1万人のビジネスパーソンを対象に行ったアンケート

調査によれば定年後の不安として最も多くの人が挙げたのが「生

活費の不足」だった。

 

60歳で定年を迎えると収入は激減、再雇用では年収の半分、正直

公的年金だけで生活はできるものの税金や社会保険料、耐久消費財

の購入となると貯金を取り崩すしかない。

 

ただ統計によると70代前半の月間消費支出と30代後半の額がほ

ぼ同じ、食費や水道光熱費はあまり減らず、医療費や冠婚葬祭への

支出が定年後は増えるとあるが、果たしてそうだろうか?

 

私の経験ではどう見ても30代後半のほうが現在より出費は多かっ

た、また70代になると医療費は3割から2割負担になるし、実際

定年後は生活レベルをダウンサイズするのが一般的なはずである。

 

もう一点、定年後までに必要な金融資産は退職金を含めて3500

万円では夫が77歳、妻が75歳時点で資金は枯渇するという記事

に疑問を持った、これではほとんどの定年退職者が該当して露頭に

迷うのでは?実際この記事では年金収入がカウントされていない、

不安を煽るだけの内容に惑わされてはいけないと痛感した方も多い

のではというのが偽らざる感想である。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「老後のお金」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事