団塊シニアのひとりごと

働いてこそ幸福という世論

人生100年時代の到来ということで高齢者の働き方に注目が集

ってる、政府は近く70歳まで働ける機会を確約するよう企業

求めるという、少子高齢化が進むなか社会の支え手を増やすう

で勤労意欲の高い高齢者が切り札になると考えたらしい。

 

しかし高齢でも自分にあった仕事をすんなりり見つけられる人が

どれだけいるかは疑問である、それにともないメディアでも幾つ

になっても働き生涯現役だという人々を取り上げている、社会と

の接点、康、生きがいを失わないためにも働くことに価値があ

るというメッセージである。

 

 

しかし、もう働きたくない、ゆっくりのんびりしたい、闘病して

て働きたくても働けない、親の介護という人も少なからずいるは

ずである、もし経済的に許されるなら定年後に無理して働くこと

なく限られた条件のなかで楽しみや幸福を感じる生活を見つけ

選択もあっていいのではないかと私は思っている。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「生き方」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー