団塊シニアのひとりごと

つらいことや悲しいことがあった時

つらいことや悲しいことがあった時、人はどのようにして自分を

支えているのだろうか?私の場合、好きなことをしたこと、楽し

かった思い出が今の自分を助けてくれることがある。

 

もちろん人との交流も大切であるが、ひとりでいても退屈しない

自分の世界を持つことも大切だと実感してる、本を読むこと、好

きな音楽を聴くこと、いずれも生きていく力になることは確かで

ある。

 

このひとりの時間、この感覚は私にとって貴重である、誰にも気

がねなく、誰にも気を使わない、この先何があるのかわからない

けれど、自分の心の平安を救うのは結局この自分しかいないと覚

悟して生きることも今は大切だと思っている。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「生き方」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事