団塊シニアのひとりごと

定年退職して8年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

言葉を引き出す相槌の難しさ

2018-06-14 05:39:42 | 言葉

人間は言葉で理解しあうもの、それではどんな言葉が大切かという

と「言葉を引き出す相槌」 である、よく私たちは相手の話を聞き、

「わかった」とうなずく、その時相手は本当にこの人、わかったん

だろうか、口先だけの言葉ではないだろうか?と思ったりすること

はよくあることである。

 

それでは「わかった、わかった」と強めに二度いうのはどうか?と

いうとこれは逆にあまり信用されないという、一番は「わかるよう

な気がします」と言うと相手は言葉を多くし、コミュニケーション

としては効果があるという。

 

しかしこの答では相手にとって物足りないのではと思ったりする、

私としては「それは〇〇ということですね」といったほうが効果が

あるような気がする、それは相手のいったことに対して最低限の情

報と知識が必要になるけれど効果は期待できると思う、ただ言葉を

引き出す相槌は難しいことは確かである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「若く見えますね」という褒... | トップ | それぞれの死生観 »
最近の画像もっと見る

言葉」カテゴリの最新記事