団塊シニアのひとりごと

高齢者の生活保護受給と無年金

現在生活保護受給者は217万人、そのうち65歳以上の高齢者

92万と約半数を占めている、そのうち48万人が無年金で

あるという、日本の高齢者は3500万人であるので全体のなか

で占める数字は少ないかもしれないが年々増加しているのは確か

である。

 

一世帯当たりの生活保護費は平均12万円であるが各市町村によ

支給額は違う、単身で6.5万円~8万円、高齢世帯二人で1

0万円~12万円である、当然住民税、医療費は免除である。

 

しかし国民年金保険料をきちんと払い続けて満額の月6万5千円

蓄えたお金を取り崩してなんとかやってる高齢者がいることも

である。

 

その人たちは真面目に国民年金保険料、健康保険料、介護保険料

払い病院に行けば医療費は3割負担、一方払ってこなかった人

が生活保護受で健康保険料、介護保険料は免除、そして医療費

は無料、どうも不公平感は否めない今の社会保障制度である。 


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「年金」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事