団塊シニアのひとりごと

老後の「きょうだいリスク」収入格差問題

現在非正規雇用労働者が40%ということもありきょうだい間で

収入格差の問題は深刻である、現実問題として35歳~44歳

でパラサイトシングルとして親が生活の面倒を見ている独身者が

100万人以上存在する。

 

 

また結婚しても「夫の稼ぎが悪いと嘆く娘にちょくちょく小遣い

渡す」 「いずれ介護してあげるといった息子夫婦に二世帯住宅

建設の資金を渡す」など経済的に困っている子供や将来頼れそう

な子供に援助をしてやりたいと思うのが親心というもの、これが

一人っ子であれば問題ないがそうでない場合、ほかの子供と同じ

ょうだいなのになぜこんなに差があるかという反発や嫉妬を抱

いて格差が問題になってくる。

 

 

そして自分ばかり損をしてきたという恨みの気持ちも沸いてくる、

さらに問題を複雑にするのは配偶者の存在、親か支援に差が

あった場合、本人は納得していても妻や夫が「あのとき不公平だ

った分相続では多く受け取る権利がある」と主張する例相続人

の配偶者が口出しするとトラブルは長期化するといわれている。

 

 

かつては同じ家族であったきょうだいも今はそれぞれ別に家族が

いる、人生をともにする運命共同体はきょうだいではなくもはや

配偶者や子供だという悲しい現実があることも確かである。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「きょうだい」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事