団塊シニアのひとりごと

認知症の第一人者が認知症になった

の認知症研究の第一人者といわれる長谷川先生(90

歳)発病と進行に密着したドキュメンタリーNHKスペシ

ャル「認知症第一人者が認知症になった」長生きすれば、

誰も認知症になる可能性がある、さらに認知症になるか

ならなかは個人の努力でコントロールできる割合は小さ

いということを教えてくれる内容だった。

 

以前読売新聞にも寄稿していたが映像でみると衝撃的だっ

た、自分が自分でなくなる苦しみ、自分が認知症だとしる

苦しみ、明日がどうなるかわからない苦しみ、さらに認知

症になった長谷川先生を支える奥様と娘さんの苦悩、私の

両親は二人とも認知症だっただけに重なる部分があり、す

でに他界した父、現在介護施設に入居してる母の当時のこ

とを思い出した。

 

家族の負担を軽くするために長谷川先生自らデイサービスを

提唱したのにお遊戯では「楽しくない、つまらない、家に帰

りたい」という帰宅願望、ここは自分の居場所ではないと思

ったのかもしれない。

 

老いて弱くなっていく自分と誇り高い自分、二つの自分の間

で揺れ動き必死に闘っている長谷川先生の姿、「認知症にな

っても見える景色は変わらない」最後の言葉が印象的だった。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「認知症」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事