団塊シニアのひとりごと

孤独を前向きにとらえて生きたい

私たちは一人で生まれ一人で死んでいく存在、死ぬときは一人、

う考えると孤独は人間がみんな背負ってる当たり前の状況で

ある、孤独でない人間などこの世に一人もいない。

 

孤独でつらいという人はもしかしたら、その人のなかに孤独で

あってはならないという思い込みがある、どちらかというと孤

独はマイナスのイメージがあるのかもしれない、だから孤独に

むきあおうとしない、いつも誰かと群れずにいられない、頻繁

にメールや電話で誰かと繋がることで安心感を得る。

 

しかし私たちは映画を観るのも本を読むのも食べることも一人

である、一人であることが不幸なのではなく一人であることに

耐えられないことが不幸のような気がする。

 

一人でいる時空が最も心が安らぐことだってあるはず、だから

一人としての充実をきちんとみつめないと何も始まらないし誰

かといなければ幸せになれないわけではない、そう考えると孤

独を前向きに捉えて生きる事こそ大切だと私は思っている。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「孤独」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事