団塊シニアのひとりごと

あるブロガーの死から3年家族の思い

新聞の投稿欄に「娘の闘病ブログ支えに」というタイトルで掲載

された74歳主婦の方の記事、そのエピソードを「あるブロガー

の死と家族の思い」というテーマで書いたのが昨年の2月15日

再度このテーマに触れたいと思う。

 

3年前46歳という若さでこの世を去った娘さんの闘病ブログ、

悪性リンパ腫寛解めざして)病気になった戸惑い、不安と怖

族への思いを綴った闘病ブログ、多くのブログ仲間からの優し

励ましと体験談、新しい治療法などが寄せられ、娘さは元

づけられ慰められたが「応援ありがとうございます」う3年

前7月の書き込みが最後となり46年の人生を終えた。

 

 

その後亡くなったことをブログで知らせるとたくさんの暖かい言

葉が届いたことに感銘をうけた両親、娘さんを亡くした悲しさ、

悔しさから立ち上がろうとしてる決意とブログ仲間への感謝の念

が込められてる新聞記事であった。

 

私がブログにこのことを掲載してしばらくして、このお母さんか

らコメントを頂いた、その内容は「いまだに娘を亡くした喪失感

から抜け出すことができない」というものであった。

 

 

時間がたてば傷が癒されると言われる一方で喪失感は時間がたつ

ほど大きくなり「どうして?」と今だに娘さんの死を受け入れら

れないでいるお母さんの心境ではないかと思う。

 

このブログがご本人が亡くなってから3年経っても閉じられるこ

となく閲覧してる人がいるという現実、新聞の寄稿でブログ名

公表したことで多くの人に閲覧して欲しいという遺族の願いが

っとあるのではと思う、そしてブログの力というのは本当に大

いと痛感している。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「ブログ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事