団塊シニアのひとりごと

定年退職して8年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

人生の後半はひとりの時間も大切

2018-03-09 06:51:45 | 老後の生き方

ひとりで過ごす時間、孤独ともいえるこの時間に慣れておくことも

大切、いくら趣味の友人がたくさんいても会社のように毎日会うわ

けではない、夫婦の時間がいくら大切といっても二人一緒に死ぬわ

けにはいかない。

 

 

つまり人生の後半期というのはひとりになる時間が多くなる、どこ

かで孤独になれておく必要がある、実際音楽を聴くとき、映画を観

るとき、読書のときはひとりである、ひとりで寂しいと感じること

があるかもしれない、だが人と一緒にいるのも煩わしいと思うこと

があるもの、人は本来わがままな生き物である。

 

 

人といるのが豊かな時間であるならひとりの時間も豊かで味わい深

いもの、そういう意味では人生の後半は群れの中の一員として生き

るより群れずにひとりで生きることに耐えられる人間になることが

大切な気がする。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 齢をとるのはいいこと? | トップ | 年金生活の心得 »
最近の画像もっと見る

老後の生き方」カテゴリの最新記事