団塊シニアのひとりごと

定年後は自分の価値観を信じたい

人間はどうしても群れたがる、なぜかというと安心するから、そ

ういう意味では日本は群れ社会である、だから組織のなかにいる

と立場の強い人、立場の弱い人と権力構造ができる、そのなかで

協調性が要求される、それが生きていくうえでの処世術でもある。

 

しかし定年退職後はやっと自分の価値観を優先できる境遇になっ

たのである、義理やしがらみにとらわれることはない、群れずに

自分の心に正直に生きることを選択できる自由があるのが定年後

である。

 

暮らしのなかにささやかな喜びや充実をもつことで人生の景色が

変わることを実感できるのが定年後である、私自身今は群れの価

値観よりも自分の価値観を信じたいと思って生きている。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

最近の「生き方」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事