インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

他の歯科治療と、インプラント治療が大き

2018年04月30日 | 日記
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。


これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

皆さんがインプラント治療をためらう

2018年04月29日 | 日記
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。


ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療は様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。


一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という段階を踏みます。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。


北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラ

2018年04月28日 | 日記
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。


ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。


ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。


間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。


正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もインプラント治療のリスクが増大します。


こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯にな

2018年04月27日 | 日記
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。


放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。


毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。

忘れてはいけないこととして、インプラ

2018年04月26日 | 日記
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。


こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。


毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。


埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。