インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

これはインプラント治療が最適、

2018年02月28日 | 日記
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


義歯でも、見た目や使用感を譲れない方にふさわしい治療です。


インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。


北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも気にする必要はありません。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

どんな治療でもそうですが、インプ

2018年02月27日 | 日記
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。


できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。


費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。


実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。


そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい方に適用されます。


クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。


この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。


インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に原因があると言ってよいでしょう。


技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラントを埋め込んだ後、そ

2018年02月26日 | 日記
インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。


皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。


ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。


よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。


インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。


各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。


他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。


この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

治療を始める前に必ず知るべき

2018年02月25日 | 日記
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。


入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。


使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。


ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も左右されてしまうのです。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。


義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。


これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。


ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


トータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。


事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目

2018年02月24日 | 日記
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。


入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って生活するよう気をつけてください。


日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。


血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。


新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラント。


ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで大きく異なります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。


それでも、相場はあると言えます。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも十分あり得ます。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。